「大学のカリキュラム」調べなきゃいけないの分かっている、でもどうやって | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 2月 21日 「大学のカリキュラム」調べなきゃいけないの分かっている、でもどうやって

こんにちは!

実は私、、、1週間前に大学の授業の一環伊豆大島に行ってきました!満点の星空と、美味しい魚、綺麗な椿、迫力のある地層や火山口が見れてとても楽しい授業でした。都内で遠いイメージですが飛行機だと40分、ジェット船だと3時間かからずに行くことができるので、自然を感じたいけど遠出は嫌だなという方にお勧めです。

 

さて、今日は大学選びをするときに少しだけ参考にしてほしい「大学のカリキュラム」についてお話しします。

大学選び、迷いますよね。私は生物学部に進むと決めたのちに、その中から大学を選ぶ際に気にしたことは、大学の雰囲気(オープンキャンパスにたくさん行きました)、研究の内容、あとは授業の内容でした。でも授業の内容やカリキュラムって何を気にすれば良いんだろうという方に!私が気にした3点をご紹介します。

 

❶一年生から研究ができる

私の高校はなかなか実験をしない高校で、将来も研究者になりたいため、大学に入ってからすぐにでも研究をしたかったです。しかし、国公立で一年生から研究を出来る大学は筑波大学と首都大学東京しかありませんでした。だから、ここに進みたいと思いました。私のように研究をしたいや、留学をしたいなど、具体的にやりたい内容が決まっている子は、そのカリキュラムがある大学を複数調べてみましょう。

 

❷都立ということを生かした授業

首都大学東京は都立の大学なので、井の頭公園などの都立動物園や、水道局などの施設、伊豆大島や小笠原諸島などの東京都の島と連携をしています。そのため、私は夏休みに井の頭公園にインターンシップで行けたり、冒頭に書いてある通り伊豆大島に授業で行くことができました。

他の大学の例としては。。。立教大学では、グローバルリーダーシッププログラム(GLP)というものがあります。これは、企業の人を実際に招き、学生達が考えたアイデアを提案して、評価してもらえる、超実践型プログラムがあります。

その大学だからこそある、特別な授業は入学してから気がつく人、入学してても気が付かずに終わってしまう人もいます。でも、その大学ならではの授業は、その大学だからこそできる授業です。このような授業は教授や説明会の時にさらっと自慢のように話してくれます。特別な授業に興味を持ってみましょう!

 

❸実は、数学や物理を受けなくても卒業できちゃう。。。

一年生から教養科目として、生物学部なのに、基礎的な物理や数学を受けなくてはいけない大学がほとんどです。私は、とにかく1年生から思いっきり生物を学びたいという気持ちが大きかった人です。しかも、数学と物理が苦手でした。。。教養として他の学問は学ぶべきだとは思います、分かっているのですが、せっかく大学で好きな学問を思いっきり学べるのに、他の学問に力を入れるより、一年生から専門的な生物を学びたかったです。そして今とても満足しています。こういう授業の選択詳しい事は、大学生に直接聞くか、パンフレットを見るとわかります。ぜひ、調べてみて下さい。

ちなみに、具体的な授業のお話をすると、生命科学コースは英語で授業を受けて卒業できます。全て英語というのはもちろん抵抗がありました。でも、英語を伸ばしたいと思っていたのでこのコースに挑戦しました。私にとって、今、とても成長ができていると思っています!

授業の内容を調べるのは面倒かもしれませんが、入ってから一番時間をかけるのは「授業」です。調べた方がいいですよ!

 

以上三点!

大学の雰囲気やサークルはもちろん大事ですが、大学のカリキュラムは入ってから一番調べてよかったとなります。

吉祥寺校のスタッフは色々な大学に行っています。調べる前に、もしよかったら声をかけてみて下さい!

「その大学ならでは」拘っていきましょう!

 

東進生じゃない方も、ただいま招待講習を行っています。吉祥寺校は東大、東工大、早慶上智、立教など様々な大学のスタッフからお話を聞けますよ!