センター同日体験受験の大切さ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

校舎からのお知らせ

2018年 1月 8日 センター同日体験受験の大切さ

こんにちは!そろそろお正月ボケも抜けて、学校が始まる頃でしょうか。

学校が始まると忙しくなってしまい、東進の勉強の量は下がってしまう人は多いと思います。

 

しかし、もうすぐある大切なテストが「センター同日体験受験」です!!!

皆さん、センター同日体験受験をいつもの模試と同じような感覚で受けようとしていませんか?

 

また模試が来た…嫌だな…という思いは少しはあるのではないでしょうか。

しかし、今回のテストはいつもの2ヶ月に1回来るテストとは違い、本番のテストだということを改めて考えてみて下さい。

 

いつものテストは、センター試験を予想して塾が作っている「模試」です。

今回のセンター同日体験受験は、大学受験本番で使われるテストです。

つまり、高校2年生にとっては次のセンター試験は本番で、高校1年生にとっては次が最後のセンター同日体験受験だということです。

 

本番のテストということは、自分の学力がどれくらいか正確にわかります。(模試ではないから)

つまり今後の勉強の計画を立てるのに、役立ちます!!!

成績が悪いから、試験を受けたくないという人も多いかと思いますが、点数を知らないと見当違いな勉強をすることになり、結果的に損をしてしまいます。

同日試験は、どうしてもということでない限り、しっかり受けましょう!

 

学校が忙しくなったり、少し体調が悪いと休んでしまう人。今回の模試で変わりましょう。

同日体験受験が終わったら、本格的に次の学年として意識していかないと置いて行かれてしまいます。

 

まだ、お申込をしていない、東進生でない方は下の画像をクリックしてお申し込みください。

 

センター同日体験受験を受ける前ぜひ自分で大切さを考えてみて下さい!!!