大学に入学したその先に… | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 2月 17日 大学に入学したその先に…

 

皆さん、こんにちは!担任助手一年の松澤です。

 

突然ですがみなさん、大学に入ったらやりたいことってありますか?

 

 

高校でやっていた部活を更に本気でやりたい!

高校にはなかったことをサークルでやってみたい!

憧れの教授の授業を受けてみたい!

………

きっといろんな人がいると思います!

 

大学生活が楽しみで仕方ない!やりたいことにあふれている!

 

こんな人は思う存分大学を満喫してください!!!

 

 

 

しかし、こんな人はいませんか。

 

大学生活は確かに楽しみである。やりたいこともある。

 

しかし、それが本当にやりたいことなのか自信がない。

 

このまま流れに身を任せてなんとなく生きていく、

それでいのだろうか!?という漠然とした不安を抱いている。

 

そんな漠然とした不安を切り開く一助になればと思って、このブログを書きました。

もしそういうひとがいれば、今日是非このブログを読んでみてください!

 

自分もそんな人の一人でした。

大学入ったらなにをやろう、あれしようこれしようと大きな希望

 

抱いていたことは間違いないのですが

 

逆に、自由すぎて

 

これまでの、ほぼ決まっていることをやっていれば生きていけた高校生活との差が大きくて、

 

自分は、本当に後悔しないような選択ができるのだろうか、

 

流されて適当に、いままでのようになんとなく生きてしまうのではないか。

 

そんな不安が大きかったです。

 

なんとなくサークルに入って、なんとなく遊んで、なんとなく楽しい毎日を送る。

 

どうせそんな生活になってしまうのではないか。

 

それでも悪くはない。でも!なにか新しいこと!大きなことをやってみたい

 

でもやりたいことってなんだろう、、、。そんな状態でした。

 

そんな時、自分が出会ったのが、ある一つのプログラムでした。

 

 

それが、Fresher’s Leave  Year Program

 

略して

 

FLYプログラム

 

です。

 

これは、東京大学がここ数年やっているプログラムなのですが、その内容は

 

一年間、特別休学期間として、入学を待ってもらい、

自分のやりたいこと何でもやっていい!

しかもなんと東大からそのための補助金も出る!

 

というものです。

 

ボランティア活動就業体験活動国際交流活動、、、なんでもです!

 

とても魅力的だと思いませんか。

 

一年という長い期間を、自分がやりたいことだけに使ってよい。

 

そんなチャンスは二度とありません。

 

しかしその時の自分はそもそもやりたいことがないのです。

 

でも新しいことをやってみたい!今までと同じは嫌だ!

 

そう思った自分の結論は、こうです。

 

自分はこの期間を、

 

自分の本当にやりたいこと探し

 

に使おう。

 

 

少し興味があるけれど、普通に大学に入ってからやろうとしたら勇気がいる事

 

そんなことをやってみて、本当に自分がやりたいことなのか見極めよう。

 

たとえば、世界一周価値観比較の旅。

 

自分は前から、人と関わるのが大好きだったので、

 

せっかく70億人の人がいる世界に生まれたのだから、少しでも多くの人と関わってみたい

 

 

なんで海外に行く必要があるの?ではなく、

 

なんでわざわざ日本に留まって限られた世界で過ごす必要があるの?と考えていました。

 

 

出来るだけ多くの人の価値観とふれあいたかったのです。

 

 

そして、あった人たちから、自分が本当にやりたいことがみつかるのではないか。そんな風にも思いました。

 

 

このために一年を費やすのは、ありだな。そう思って、応募しました。

 

 

しかし、毎年10人も通っていない厳しいであろう選考。

 

 

正直、どうせ通らないのではないか(毎年10名弱しか通っていない)くらいに思っていたのですが、

 

なんと書類、面接etcいくつもの選考を通り、

 

FLYプログラム5期生として選ばれてしまいました

 

後は自分の意思次第で一年自由に過ごせる切符を得てしまったのです。

 

ここまでは良かったのです。

 

 

しかし、このときになってはじめて急に怖くなってきました

 

今までの自分は、どうせ通らないだろうという気持ちも大きく、真剣に考えていなかったのです。

 

一年間もついやして、何も得られなかったらどうしよう

 

自分のやりたいことなんて見つかるのだろうか

 

本当に悩みました

 

 

そして結局一年という事の大きさに躊躇し、

 

自分は前代未聞の辞退をしてしまいました

 

せっかく選考を通ったのに、、、。

 

 

 

結局今に至るまで、自分のやりたいことなんて見つかっていません。なんなら、

 

やりたいことを見つけるための努力もしてきませんでした。

 

あの時の不安は的中し、なんとなく楽しく毎日を送ってしまっています。それも悪いとは言いません。

 

でも結局高校時代の自分のままです。なんも成長はしていません

 

 

最近になってようやく、遊びを控えて、気になる分野の本を読み始めました。

しかしそんな小さなことを始めるのにほぼ一年もかかってしまいました。

 

 

今は、あの時の辞退を後悔しかしていません

 

大学には、FLYプログラムのようなプログラムが多く存在します。

 

参加すれば非常に有用なものばかりです。

 

しかし、そのほとんどが参加するには自分から申込まなくてはなりませんし、

 

申込ができるのはだいたい一年に一回です。一年の時しかできない、なんてものもあります。

 

 

その時に始めないと、絶対後悔します。

 

少しでも興味があるなら、そのチャンスがもったいないです。

 

どんなに躊躇しても、ほんとうにそれがやりたいことかわからなくても、

それがやりたいことかどうかはやってみて判断すればいいんです。

 

 

本当にやりたいことなんて、少し興味あることをその時その時で追い求めればいつかきっと見つかります。

興味あることに踏み出すとりあえずやってみる、

 

その一歩が何より大事です。

 

やらずの後悔は絶対して欲しくない。もったいなさすぎます

 

大学は一度きりのチャンスあふれています

 

ほんの少しの勇気が人生を変えます。ほんの一瞬の戸惑いもまた人生を変えてしまいます。

 

少しでも気になっていることがあって、そのチャンスがまえにあるのなら

 

絶対やってみてください!!!

 

最後に、こん名言を送って、このブログを締めたいと思います。

 

 

Boys ,  be  ambitious             -William Smith Clark-