朝登校 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2017年 7月 23日 朝登校

お久しぶりです!

4年生の村上です。僕は5月まで吉祥寺校で働いていました。

大学の研究のため担任助手をやめたのですが、夏休みの間はお世話になります!

夏休みに入って吉祥寺校の生徒も増えてきたので、軽い自己紹介をしたいと思います。

〜自己紹介〜

名前:村上 周平

出身高校:私立成蹊高等学校

部活:サッカー部(〜高3 8月)

大学:早稲田大学 創造理工学部 環境資源工学科 大河内研究室(専攻分野:大気・水圏環境化学)

得意科目:数学、物理、化学

苦手科目:英語、国語

趣味:体を動かすこと

という感じです。理系科目の質問や相談ならいつでも対応できるのでぜひ来てください!

ところで今週のブログのテーマは「夏期合宿」についてですが、僕自身東進生の時、部活の合宿と被っていたため参加することができませんでした。そこで今日は合宿に行ってない人かつ部活生の観点から夏休みの過ごし方について書いていこうと思います。

僕は夏休みの間ずっと部活があったため、他の人と比べて勉強時間が圧倒的に短かったです。

また、合宿にも参加できなかったので夏休みをいいスタートを切れたとは自分では思えませんでした。

受験の天王山と言われている夏休みをフルで使えないことは、もともと東大志望であった僕にとってすごい怖いことでした。

しかし、怖いと思ったところで何かが変わるわけではありません。

そこで僕は少しでも他の受験生と差を縮めようと、「朝登校」を毎日欠かさずにすることを心がけていました。

東進の夏休みは7時〜20時30分まで校舎が空いています。

僕の部活はだいたい朝9:00から練習が開始するので、どんなに疲れている日でも5時30分に起きて7時に校舎に行って1時間勉強してから部活に行ってました。

この1時間は僕にとってすごい大事な1時間でした。

僕にはそこまで時間がなかったので、夏休みの大半を物理・化学・センター過去問に費やそうと決めていました。

そうすると英語や数学にそこまで時間を費やすわけにはいかなかったのです。

しかし朝の1時間を有効活用することによって英語であったら単語・熟語・文法の復習、数学なら二次試験レベルの問題を1〜2題解き、部活が終わって校舎に戻ってきた時は、物理・化学・センター過去問に時間を費やすことができました。

ちなみに朝登校をしていたおかげで9月以降も5時30分に起きることができ、朝にしっかりと勉強する習慣がつきました。

この1時間を継続できれば、夏休みの間なら1×40/24=1.6日、1年間なら1×365/24=15.2日分の勉強時間を確保することができます。

この勉強時間は現役生、特に部活生にとっては非常に大事な時間となるでしょう。

また、この経験は大学に入ってからも生かされています。

僕の所属している研究室はフィールドワークが多く、よく富士山、丹沢、生田などに行ってサンプリングをします。

サンプリングをするときの集合時間はだいたい朝6:00が多いです。先日富士山頂に行った時は朝4時起きでした、、、

高2までの僕だったら、朝が弱かったので絶対に起きられませんでした。

けど高3の夏休みに朝登校を頑張ったおかげで、普通に朝4〜5時でも起きれて遅刻することはありません。

高校生の時にやっていた習慣というのは、良くも悪くも大学に入ってから社会に出てからも続くものです。

今つらいからといって目の前のことを妥協するのではなく、その先を見据えて行動していきましょう!

 

この夏一緒に頑張っていきましょう!!

村上 周平

過去の記事