自分を信じる力 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 1月 18日 自分を信じる力

どもども!

担任助手の橋本マサです!

あなたは自分に自信が持てますか?
f:id:puobu:20171226231513j:plain

 

突然ですが、
「あなたは、自分に自信が持てますか?」
と聞かれたらどう答えるでしょうか。


僕は、迷わず
「いいえ。自信なんか持ってません。
俺なんかごみです!
生きていてごめんなさい!!」
と答えてました。
でも…

結局、人生楽しいかどうかって「自信があるかどうか」じゃね?

f:id:puobu:20171226231906j:plain

 

でもさ、
自信のない人って、損してないですか?

だってそうでしょ?
自信があれば、いろんなことに挑戦できます。
「自分なんかだめだ」って考えてしまうと、
行動できなくなる。
自分で自分の行動に足かせをかけてしまうんです。

僕もそうでした。
自分なんかに見向きもしてくれないだろうと思って、
好きな子に告白できなかったり…(笑)

でも、それって今振り返ると、後悔しかしてないんですよね。
そんな経験、ありませんか?

もう後悔なんてしたくない!
そう思いません?

じゃあ、自信をつけるしかないじゃないですか。

 

 

自信をつけるための3つの方法!

 

本書では、自信をつけるための様々な方法が紹介されています。
その中で、最も大事だと思ったものが以下の3つです。

  1. 成功・突破体験の量と質を増やす
  2. 正しい目標設定をする
  3. 自分の判断に当事者意識を持つ

これらを実行すれば、自信がつくということです。
いったいどういうことなのか?

一つずつ見ていきましょう。

1.成功・突破体験の質と量を増やす

自信のもととなる「自己イメージ」を高めるためには、成功・突破体験の量と質を増やしていく以外に方法はありません。

例えば、
僕がダイエットをしよう!と思い立ちます。
そして、ランニングを始めます。
そしたら、体重が5キロ減りました!!
(事実だったらいいなぁ)

これは、だれでもめっちゃ自信になると思います。

ここで大事だったは、「ランニングを始めたこと」
そして、「体重が減ったこと」です。

つまり、
何かにチャレンジして成功する
困難に立ち向かってそれを解決する
ことが自信をつけるために必要だということです。

2.正しい目標設定をする

 

しかし、いくらチャレンジしたからといって、
無謀なチャレンジでは意味がありません。

正しく目標設定を行い、
成功に導くことが大切です。

このことについては、

高すぎる「理想」を描いてはいけません。
まず、いまの自分にできることから始めることです。
現実の延長線上に理想を置きながら、
目の前の課題をひとつずつクリアしていき、
少しずつ基準を上げていく。
それが目標達成する秘訣です。

正しい目標設定が自信形成をさらに促進するということですね。

3.自分の判断に当事者意識を持つ

 

正しい目標設定をし、成功体験を積んでも、
それが自分の判断でなければいけません。

自分の足で立ち、自分の責任を自分の力でまっとうしていく、
その姿勢なくして、成長は望めません。

 すべてのことに「自分が責任をもって行っている」
そう意識して、行動することが必要です。

まとめちゃおう!

 

自信をつけるために必要な行動は3つ。

  • 成功・突破体験の量と質を増やす
  • 正しい目標設定をする
  • 自分の判断に当事者意識を持つ

この3つを実践すれば、自然と自信もついてきます。

もし、これから自信をもって行動していけたら、
今の何倍人生がよくなるでしょう?

そして、
これらは受験において、応用できます!!!!

一緒に人生、変えましょうよ。
そして、受験で勝ちましょう!!

きっと僕らにはできるはずです。
だって、この記事を読んでくれたんですから。

ありがとうございました。

参考文献

「一生折れない自信の作り方」青木仁志