集中できないときの対処法 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 1月 26日 集中できないときの対処法

みなさん、こんにちは!担任助手の浅井です!

 

受験生の皆さん、早い人はもう本試験が始まっているのではないでしょうか?

もしかしたら皆さんが受験する前の最後のブログになるかもしれないので、私なりに皆さんに最後伝えたいことを書こうと思います。

 

これからの1か月、色んな思いをするはずです。

今まで経験したことのない感情の連続だったり、試験日や合格発表日が続き、気持ちがついていかない、混乱することもあると思います。

 

なんのためにこんなに勉強しているのか、思うようにいかなくて、悔しくて、どうしたらいいかわからない。

わからなくなることもあります。

私が経験しました(汗)

 

第一志望の2日前に39度の熱が出たときはもう終わりだと思ったし、

センターの英語でお腹が冷えて腹痛で解いたときはもう逃げ出したいと思いました。

 

でもそんな中でも自分を見失わず最後まで悔いのない努力をできたのは、自分のおかげではありません。

 

周りで支えてくれる人、応援してくれる人、一緒に競ってくれる人、励まして元気づけてくれる人、

一歩引いてみてみれば、自分の周りにはたくさん人がいて、そのたくさんの人たちの期待を背負っているんだなと感じました。

 

なんのために受験をするのか、なんで合格したいのかは人それぞれですが、

私はずっと、自分の将来のためでした。

 

でも自分の周りにいる色んな人存在に気付くと、合格は自分のためだけではなく、この周りの人たちを喜ばせてあげることができる一番の手段なんだと感じました。

 

自分の将来のため、だけだと折れてしまうこともあるかもしれません。

そういう時は、周りで応援してくれている人を喜ばせたいという気持ちが、きっと自分を奮い立たせてくれます。

 

これからの1か月、つらいことも苦しいこともあると思いますが、そんな時は一歩引いて自分がどれだけの人に支えられて期待されているかを考えてみると、いいと思います。

それでは残りの時間、悔いのないように過ごしてくださいね!スタッフ一同全力で応援しています!