夏休みを迎える前に~長谷川~ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2016年 7月 9日  夏休みを迎える前に~長谷川~

 

テストも終盤に近づいてきて、1学期の終わりがやってきました。

 

よく受験の天王山と夏はたとえられますが、その時期がみなさんの前にやってきました。不安だったりを覚えている方も多いと思います!!

今回は、そこの助けになればいいと思い、僕の夏のこだわりをここで書きたいと思います!!!

 

 

僕は夏に{演習量を徹底}という目標を立ててそれを実際に実行しました。

具体的に数学、物理と化学の演習を大量にこなしていました。

 

数学の演習量をあげたのは1つの目的がありました、その目的とは「基礎力は固め、確かな地盤をつくる」でした。そのために、いままで多数の問題集に手を出していましたが、5000~6000問の問題が詰まっている一冊に絞り、それを完璧にしました。

ただ問題集を解くのでは成績は上がりません、考えて工夫することが大事です。その結果は自分の後々の受験本番になって、難解なものでも解ける力のもととなりました

 

物理も化学も同じように、問題集をひたすら解きました。

 

 

 

このことから僕が伝えたいことはたった一つです

効率を良くするために計画をあらかじめ徹底して立てる

 

 

夏休みというものは以外に短いものです

終わってみると案外ははやいものです!夏休み終わった瞬間に「自分はやりきった」そう思えるかどうかは、この時点での計画や頑張りにかかっています。僕の知り合いでも、夏をやりきれなかった人たちは落ちているひとはいます。

 

 

 

夏をやり切れるように、考えて夏休みをむかえましょう