これから受験をする君たちへ(新高1・2・3年生) | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2015年 3月 2日 これから受験をする君たちへ(新高1・2・3年生)

担任助手の西です

東京工業大学の情報工学科に所属しています。

自分は2014年度における本科生(浪人生)の担当をしていました。

 

さて、今回はこれまでのブログの内容とは少し違う話をしたいと思います。

 

それは「受験をする意味」についてです。

 

今このブログを見ている皆さんは

何かしらの形で大学受験をすることになるでしょう。

自分が考える「受験をする上でもっとも大切なもの」は

 

「なぜ受験をするか?」です。

「何の為に大学に行くか?」と置き換えてもいいかもしれません。

 

インターネットの統計局のページをみれば分かりますが、

1つの学年の人数はおよそ120万で

そのなかで大学に行く人数はほぼ60万とあります。

 

そこから分かることはなんでしょう?

 

 

そう、二人に一人は大学に行っていないということです。

言い換えれば、生きていくうえで大学に行くことは

当たり前ではないということです。

 

1年前、成人式があって中学生の頃の友達と会いましたが

中には高校を卒業してそのまま就職していたり、専門学校に通っている人が少なからずいます。

その時感じたことは

「色々な生き方があるんだなぁ」

ということです。

 

さて、

皆さんはどうでしょうか?

君たちはしたいことがありますか?

  

当たり前ですが、大学は勉強するための場所です。

ただ大学に行けばそれで終わりというわけではありません。

その先もあるのです。

しかし、そこで得た知識は君達の将来に役に立つはずです。

また、大学に入ったという実績が就職に有利になるかもしれません。

 

今ここで、

君達は何のために勉強をしているのか

何のために受験するのか

1回考え直してみるのもいいかもしれません。

それがわかった時、君達には大きな力が付くはずです!!

 

4月から高校3年生になる人はあと1年後にはほぼ結果がでています。

答えがでているなら、それを達成するために今から努力しましょう!!

 

後悔しないような人生を送ることを祈ってます。

 

西