なぜ部活へ | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 8月 7日 なぜ部活へ

こんにちは、進士凱一です!今日は部活に入った理由について話したいと思います。

私は慶應の柔道部に所属しています。慶應の柔道部は月曜日を休養日として週6回練習していて、1日の練習時間は約2時間です。また、練習後に筋トレやサーキットトレーニングなどを行うと、実際には3時間ほどになることもあります。

皆さんの多くは、「なぜサークルではなく部活に入ったのか?そして、ほとんどの人が「進士凱一どうしたんだ?と思っていることでしょう。まず第一に、そうです。僕は頭がおかしくて、仲間からも「ネジがくるっている」と言われているので、近くの公園で小学生と遊んでいてもおかしくはありません。

しかし、真面目な話をすると、「人生の夏休み」と呼ばれる貴重な4年間を、日常生活の多くの部分を完全に制限するスポーツに費やしている人を見ると、確かに不思議な気持ちになります。私の場合、他の人と同じように勉強することができません。他の人と同じように遊ぶこともできません。そして、理由もなく途中でやめることも許されない。それを地獄と呼ぶ人もいるでしょう。しかし、私はこれをチャンスと呼ぶ。なぜか?なぜなら、これは大学生の誰もが得られる経験ではないからです。確かに、苦しみの穴に入るためには、1~2本のネジを外す必要があるかもしれません。しかし、この苦しみは必ず将来のためになります。疲れや痛み、競争心といったものが将来的に確実に襲ってきて、その時に私のような人間が他の人よりも輝き始めるのです。なぜなら、人は最もプレッシャーを感じているときの自分が最もよく定義されるからです。

困難な状況では、どれだけ速くても、どれだけ賢くても、どれだけ大きくても、重要なのは精神面です。大切なのは、何が立ちはだかっても前に進み続けることです。勝利者とは、失敗しない人ではなく、決して辞めない人なのです。だから私は柔道部に入部しました。試験勉強をするときには、そのことを忘れないでください。

ちなみにこれをまず英語で書いて日本語に書きました。興味ある方々はご覧ください。

(Original Copy)

Hey guys its Guychee again and today I’ll be talking about University life while doing bukatsu.

I’m part of the Keio Judo club. The Judo club in Keio practices 6 times a week, with Mondays being a resting day,  and we practice for about 2 hours per day. It may also extend to 3 hours actually, if we include muscle training or Circuit training after our practice.

Most of you guys will probably ask why I joined Bukatsu rather than a circle. And most of you guys are probably thinking “What’s wrong with you Guychee?! You’re out of your mind!”. Well  firstly, yes. I am out of my mind and all my peers say that I’m missing a screw, so it wouldn’t being surprising to see me playing with Elementary school students in a nearby park.

But in all seriousness, it is certainly strange to see someone spend their precious four years of the so called “Summer vacation of life” into a sport which will totally restrict many parts of our daily life. For me, I’m not able to study as much as other people can. I’m not able to play as much as other people can. And I’m not allowed to quit halfway for no good reason. Some, would call it hell. But I would call it chance. Why? Because this is an experience which not every University student is able to gain. And yes maybe one needs to have a screw or two off to enter a pit of suffering. But this suffering will definitely benefit in the future. The feeling of tiredness, pain and competitiveness will most definitively hit us in the future and that is when people like me will start to shine from the rest. Because a person is best defined of who they when they are under the most pressure.

When times are tough, it doesn’t matter how fast, how smart or how big you are, it’s the mentality that counts. What matters is that you keep moving on no matter what stands in your way, because winners are not people who never fail. They are people who never quit. That’s what I signed up for. Please don’t forget that as you study for your exams.