センター過去問演習の意味と限界 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2013年 6月 4日 センター過去問演習の意味と限界

こんばんは、福井です。

高3の皆さんはセンター過去問のテキストも届いて、受験生であるという自覚をそろそろ持ち始めたことと思います。

まだまだセンター英語の点数が取れずに悩んでいるという人もたくさんいるでしょうが

少しだけ僕からアドバイスをさせてください。

 

まずは過去問演習の意味についてです。(今回はセンター試験に限って話をします。)

形式を知る、自分なりの攻略法(解く順序、時間配分)を決める、独特の問題に慣れる、ヤマカンをつける…等

テクニックの面での上達は可能です。

 

しかし、いくらテクニックを磨いても元の学力が低ければ高得点には結びつきにくいのが現実です。

また、元の学力が低いと過去問演習に見合ったテクニック面の強化も見込めません。

じゃあどうすればよいのか?

 

やはり過去問演習に入ってからも、英語であれば単語、熟語、文法、構文のチェック等

学力の土台固めをこまめに行うのが一番です。

 

どんな勉強をしたら最も効率がよいのか常に自分で考え続けることが成績をあげる近道ですよ。

 

福井