マスター『本気で』やってる? | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 4月 9日 マスター『本気で』やってる?

 

こんにちは!担任助手二年生の寺原です!

僕は今日、大学のキャンパスが変わって初めての授業を受けてきました。一年生に戻った気分で授業も一層楽しむ事ができました。

さて、本日は吉祥寺校に貼ってある、ある掲示物を紹介します。

こちらです!

この掲示、校舎にいる全ての生徒の中で自分が校舎の中でどれくらい高速基礎マスターができているか一目でわかるようになっているんです!

中には高校2年生で文法750まで完全習得している、いわば”高速基礎マスター”マスターも数人います。

 

みなさんは”基礎を固めることは大切”と学校の先生や担任助手から耳にタコができるほど言われていると思いますが、なぜそこまでしつこく言われるのでしょうか。

それは、

”みなさんの基礎が固まっていないから”です。

決して、「高速基礎マスターを文法まで完全習得している=基礎が固まっている」ではありません!!!

 

基礎は自分で応用できて初めて意味を成します。

 

例えば、英単語の意味がわかる”だけ”、完全習得をしている”だけ”、では全く点数に結びつきませんよね。

塾内合宿に参加した人はこの事をひしひしと痛感したはずです。

高速基礎マスターは”本気で”やらないと意味がなくなってしまいます。

 

受験の合否は今の基礎力にかかっています。

今一度自分の基礎力を見つめ直してみましょう。

最後まで読んでいただきありがとうございました!

最新記事一覧

過去の記事