モチベが低下している人必見!受験勉強をすべき本当の理由とは | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都

ブログ

2022年 8月 25日 モチベが低下している人必見!受験勉強をすべき本当の理由とは

千葉大学に入学して一年ちょい。この夏休みを利用して千葉県のいろんな市町村に訪れてみようとしている白木です。大学生の夏休みは高校生の時に比べて長いですね。その時間を活用して卒業までにいろいろなことをやってみたいです。高校の時と比べて積極的に動かないと無駄な時間を過ごしてしまうので大変ですね。高校生から大学生になると、金銭感覚や移動距離、価値観などがガラッと変わります。しかしその変化は絶対にこれまでの人生が作用しているはずです。皆さんは今受験に向けた勉強をしていると思います。従って苦手な科目や嫌いな分野にも手を付けてストレスフルな日常を送っているかもしれません。皆さんの受験勉強が受験のためで終わらないようになればいいなと思い、今回は僕が個人的に感じた受験勉強が役に立ったことを紹介します。

①普通に受験で勉強したことを大学でも使う

受験勉強でやった内容、大学の授業でも出てきます(もしかしたら理系に限った話かもしれませんが)。大学の授業は高校で習うことをわざわざ教えなおしたりはしません。しかし今まで習ったことを当たり前のように使ってさらに新しい内容が出てきます。例えば数学では皆さんがあんまり好きではないデータの分析や三角関数、指数対数全部大学入ってからも使いました。これらは知ってて当然で授業が進むので受かるためだけではなく今後のためにも分野で好き嫌いせずに勉強することをお勧めします。

②忍耐力

私はまだ二十歳で社会についてはミリも知らないですが、その中で一番頑張ったことも一番つらかったことも一番無理をしたこともすべて大学の受験勉強でした。あんなに一つのことに熱を持って打ち込めること、もう一生ないんじゃないかなとまで思っています。その経験だけで自分が一回り強くなったような気がします。大学生は基本的に暇ですが、バイトや人との交流、勉強やサークルなどがかみ合ってしまい忙しくなる時期もあります。けど受験で身に着けた体力と精神力で結構耐えます。この先そんなにつらいことがあっても受験を振り返れば強く生きていけそう。そんな気がします。それほどまでに貴重な人生経験にもなるので合否だけを気にせず頑張ってほしいです。

③計画力

受験勉強に最も必要なのは週間予定シート含む計画立てです。僕は担任助手の中でもトップレベルに計画立ての重要性を言ってきましたが、やはり一番大事なことだと私は考えています。そしてそれは受験が終わった後にも役に立ちます。冒頭で私は大学生に必要なのは活動的になることだと話しました。そのためには今自分が何をすべきかの分析とやることを明確化することとそれをいつやるのか落とし込むことと実際に行動した後のフィードバックが必要になります。それって結局受験勉強でやっていた計画立てですよね?受験で養った計画力は今後も生きていきます。

④人間としての魅力

受験勉強を最大限頑張った人間はモテます。半分ふざけましたが、半分は本当です。②と③を身に着けた人間は人としても成長します。また受験で身に着けた知識は、専門知識ではなく教養です。教養のある人はコミュニケーション能力が高くなります。これに対してはふざけるなと反論があるかもしれません。私が言いたいのは一般で言われているコミュ力というよりは、実際にコミュニケーションをとる際の話題の引き出しの多さです。コミュ力については練習次第です、これについてはいつか書ける日があったら書こうかな、、、教養はあればあるほど話がうまくなります。話題に困らないからです。そして会話のネタが尽きない人はモテます。人は良く話せる人と良好な関係を築きたいと思うからです。お笑い芸人も、ネタ一本勝負の人よりいろんな笑わせ方を持っている人の方がテレビに長く映りますよね。それと同じです。つまり、受験勉強=教養が身につく、教養がある=会話がうまくなる、会話がうまい=モテる。よって受験勉強はモテるためにもあるのです。(僕が実際にモテるようになったかについては気が向いたら話しますか笑)

 

長くなるのでこれくらいにしておきます。しかし受験勉強が受験のためだけにあるのではないことは十分伝わったでしょう。折り返しでプレッシャーのかかる時期ですが、あまり気負いせずにモテるための行動くらいのつもりで楽しんでやっていきましょう!!けど本気は出してくださいね笑。

 

最新記事一覧

過去の記事