単元ジャンル別演習活用法! | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 10月 23日 単元ジャンル別演習活用法!

こんにちは!担任助手1年の石川です。

共通テストまで残り3カ月切りました。いよいよラストスパートですね!

 

みなさん、単元ジャンル別演習はうまく活用できていますか?

とりあえず解いてはいるけど、、、ではもったいない!

今日は私が受験生時代に単元ジャンル別演習をどう使っていたか話そうと思います。

 

まず、単元ジャンル別演習の強みはなんでしょうか。

それは、、、

苦手な分野の演習不足を解消できるところ。

 

苦手な分野は意識的に問題を探していかないと演習不足になりがちです。

でも苦手なものほど演習をつまないと一向にできるようにはなりません。

そこを補えるのが単元ジャンル別演習!

 

今まだ過去問残ってるし、受講もあるし、と思う人もいるかもしれません。

ですが苦手は一朝一夕で克服できるものではありません。

過去問、受講と並行して進めていきましょう。

 

さて、話がそれてしまいましたが本題に戻ります。

 

文理どちらでも使う英語について。

 

①問題を解くときはまず指定されている時間を目安に解く。

解ききれなかった場合は時間を延長する。(出来るだけ急いで解く。)

②答案を提出する前に自分で答え合わせをする。(ネットで調べると出てきます。)

③解説を見る前に自力で解き直しをしてみる。

④分からない単語の中でキーワードになっているものを辞書で調べる。

⑤解説が出たら自力で直せなかった部分、しっくり来なかった部分を読む。

 

基本的には普段解いている過去問と変わらないと思います。

ただ、単元ジャンル別演習で出てくるものは苦手な範囲になるので復習をしっかりやりましょう。

復習をしっかりやるといっても時間には限りがあるので時間を掛けて復習をするというよりも深い復習をすることを心がけて下さい。

 

2月3月後悔しないように解いて解いて解きまくれ!!