受験について | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2017年 5月 7日 受験について

こんにちは

まもなく担任助手を卒業する長谷川です

 

最後に受験勉強が不安で手につかないような人向けでここで伝えたいことを書きたいと思います

 

 

 

一番伝えたいことは何事も『考えること』の重要性です

 

 

 

高校生のみなさんからよく聞くこととして

『受験をどうしよう不安だ』や『どうやったら正解の勉強法かわからない』などがあります

 

 

それが今回無意味なことをみなさんに伝えたいと思います

 

 

ここで僕の話なのですが

落ち込んでしまったり萎えてしまった時などによくやるのが

なんでそういう気持ちになってしまうのか冷静に問いかけています

『なぜ、その気持ちになっているか』できる限り深い心理の階層までほりすすめていきます

そうすると案外、自分が思っているよりは軽いことであったり、捉え方が変わったりと発見があります

もちろん、重いこともあるのですが考えていけば何かしらの発見はあります

 

 

この話から何を伝えたかったというと、物事の本質を常に考えるくせをつけてもらいたいということです

僕自身は正直そこまでできてはいませんが、重要なことだけは確かなので書いています

 

 

 

ここで本筋に戻りますが

よく悩んだり不安になりがちになってしまう人は物事を漠然と捉えているだけなのかもしれません

*もちろん、深く熟考してその結果になってしまう人もいると思います

 

模試の結果や日々の勉強の態度から

自分の学力や態度の何が足りないかは感覚的にはわかっていると思います

 

そこを『なぜそうなるか』や原因などを自分で突き詰めってください

 

そうすると自分の問題点が見えてくると思います

 

そうしたら、後は自分で自分自身のやり方でモチベートして行動にうつるだけです

 

そうしたら自然に自分自身が変わり結果はついてくると思います

 

 

ここまでとても抽象的な話になってしまいましたが

 

要約すると伝えたい話は『深く考える』ことの重要性を認識してもらいたいということです

 

 

 

 

何事も一番の解決方法は思考することだと思うのでぜひとも思考してください

 

 

 

ありがとうございました。