受験生へ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2017年 2月 24日 受験生へ

こんばんは。村上です。

 

高校3年生の皆さん、明日はいよいよ国公立試験ですね!!

 

明日明後日の入試のために死ぬほど努力をしてきたはずです。我々担任助手は皆さんの努力をこの目で見てきました。

 

今日までで早慶上理明青立法中などの発表もたくさんあり合格を勝ち取った生徒、残念ながら合格を勝ち取れなかった生徒がいると思います。

 

合格した生徒に言いたいのは、併願先を抑えられて一安心しているとは思いますが決して油断をしないでください。

心の中で油断があると必ず本番でミスをする可能性があります。

生徒説明会でも何回も話をしたとは思いますが、僕は早稲田理工の入試が終わった後に確実に受かったと思い気が抜けてた、早稲田理工数学の問題は私立の中で最も難しいと言われている中で80%以上取れたの、数学が一番の得意科目で東工大の入試でも普通に70%以上取れると思っていたので国公立入試までほとんど数学に触れてなかった結果、本番でいつもならしないようなミスをしてしまい、数学のせいで東工大は不合格になってしまいました。

併願先が合格したことはこれまでの自分の努力が認められたということで素直に喜んでいいとは思いますが、皆さんが本当に行きたい大学は明日受験する大学のはずです。油断しないでください。

 

一方で合格をこれまでに勝ち取れなかった生徒に言いたいのは、そこまで悲観的にならないでください。

確かに私立で合格を思うように勝ち取れなかったことは悔しいことだし、私立が受かっていないのに国公立が受かれるのかという不安もあると思います。

けど、今まで国公立を目指して勉強してきたはずです。最後の最後に合格を勝ち取ればいいんです。実際に去年も一昨年も私立全滅で一橋大学、東京工業大学に合格した生徒はいました。

彼らは第一志望への強いこだわりがあったからこそ合格できたのです。

 

最後に一つアドバイスすることがあるとすれば、何か1科目ができなかったとしても意気消沈せずに「まあ、いいか」と思って次に切り替えてください。

切り替えられずに落ち込んだ状態で次の科目に挑んだら今までの努力を無駄にしてしまいます。逆に切り替えられれば合格のチャンスはまだあるので、終始ポジティブに考えましょう。

これまでの努力を信じて頑張ってください。

我々担任助手一同も校舎で応援してます。

皆さんが笑顔で校舎にいい報告してくれるのを待っています。

それではいってらっしゃい!!