同日を終えて | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 1月 23日 同日を終えて

こんにちは!担任助手の西澤です。

高3の皆さんは最後のセンター試験、低学年の皆さんは同日受験お疲れ様でした!!

さて、今日はさっそくですが、復習の必要性についてお話していきたいと思います。

復習が必要!といわれて疑問に思う人はそう多くないと思いますし、してるよ!って人もきちんといると思います。

しかし、その復習は効果的に行われているでしょうか。

そこで、復習を何のためにするのかということについて改めて考えてみましょう。

 

結論から言うと、「次につなげるため」に復習をするのです。

低学年の皆さんは次の2月に模試をはじめとした多くの模試があります。そして最終的には受験へとつながっていきます。

しかし、これらの模試をただ漫然と受けているだけでは当然成績の伸びはたかが知れています。

模試にはもちろん「現状の学力を把握する」目的もありますが、「これからの勉強の方針を考える」という目的もあるのです。

次の模試、最終的には受験でいい点数を取るためにはどうすればいいのか。

目の前にある勉強をとりあえず片付ける、というのももちろん手です。

僕は、模試について自分でしっかりと分析し、何が求められているのか、何が必要か、何が足りないか、について考えることが必須だと思います。

受験勉強は終わりが見えないようにも見えますが、ゴールとなる問題はそこらにたくさん転がっていて、模試もまた疑似的なゴールです。

今の勉強を続けていれば、模試のような問題をしっかりと解けるようになるのか、それについて考えてみてほしいです。

もちろんわからないことだらけだと思います。そういったときに我々担任、担任助手を頼ってください。

一つのゴールを越えた身として、方向が正しいかは皆わかります。

是非、模試の問題を勉強の指針にしてみてください。

 

さて、皆さん復習はお済みですか?

これからの勉強に役立てるような復習をするようにしましょう。