学園祭の秋! | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2017年 9月 30日 学園祭の秋!

こんにちは

担任助手の西です

 

9月も終わりにかかり

過去問の演習・復習をしたり

運動会に向けての練習があったり

文化祭・学園祭などで

忙しくなっているのではないでしょうか。

 

自分も学園祭が近くになって忙しくなってきました。

ということで今回は大学学園祭について話そうと思います。

 

10月から11月にかけて行われる学園祭

勉強で忙しくなる中、行われる学園祭

 

 

そんな時でも行く価値はあるのでしょうか??

 

 

 

 

 

答えはYESです。

 

高1,2は当然のこと、高3でも学園祭に行く価値は十分あります。

 

理由は以下の通りです。

 

①勉強の息抜きになる

大学では高校までと違い、学年・学校全体で動く行事は学園祭ぐらいです。

 

演劇・演奏系のサークルからしたら1年の活動の中で大切な披露日になります。

展示系のサークルからしたらこれまでの活動の集大成になります。

学園祭の実行委員会は学園祭の構想を学園祭1年前から練り始めます。

 

各団体、学園祭当日のためにかなりの時間を費やしています。

なのでクォリティーは高く、勉強で疲れた頭を刺激するいい機会になると思います。

 

自分の体験談ですが、高3の頃に東工大の学園祭に行ってみたとき、演劇やダンスを見たりなど学園祭を存分に楽しみました。

その結果、疲れた頭を一度スッキリさせることができ、次の日からの勉強の効率が上がりました。

 

 

②大学の雰囲気がわかる

学園祭を見ることによってその学校の雰囲気を味わうことができます。

どのような大学生がいるか、キャンパスがどんな感じになっているかが分かります。

 

大学によっては学園祭当日にオープンキャンパスを実施することがありますので、興味があったら参加してみてはいかがでしょうか。

 

また、大学がどのような事をしているかも知ることができます。

学園祭では、大学の教授を招いて高校生向けの講義をしてもらうことが多々あります。

また、東京工業大学の場合では「研究室公開」というものが学園祭当日にあり、学内の研究室がそれぞれ研究成果を発表・公開したりしています。

ちなみに自分は今年、研究室にてポスターの発表やスライドの発表などを行います。

学会でやることの簡易バージョンのようなものなので、理系を目指す人は将来の参考になると思いますよ!

 

 

 

③受験に役に立つ情報がもらえる

学園祭では受験者向きの企画が用意されている場合があります。

大学生が主体となって、受験者向きの新聞紙・冊子を作っている事もあります。

配布物以外にも個別で相談できるブースとかもあります。

大学に合格した人の意見や勉強方法を知れるいい機会です。

 

もし、受験に行き詰ったり悩みがあった場合は行ってみるのもいいかもしれません。

 

 

 

以上、学園祭のメリットです。

 

3年生の場合、学園祭にいけるかどうかは時間との相談になります。

行く余裕がないと感じたなら無理してまで行かない方がいいと思います。

ですが、学園祭で得られるものもあります。

 

もし、学園祭に行くと決めた時は

 

「この大学に入ってみたい!」

と思えるぐらい楽しんでいきましょう!

 

そう思えるためのコツを一つ

学園祭の「面白い」「楽しい」と思うところを一つでも多く見つけるよう意識してください。