将来の夢の見つけ方 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2019年 8月 26日 将来の夢の見つけ方

 

皆さんこんにちは! 担任助手の橋本です。

 

多くの方が昨日は模試だったとは思いますがいかがでしたか?

勉強した成果が出た生徒・緊張してなかなか実力が出せなかった生徒・勉強不足を思い知らされた生徒

あなたはどこに当てはまりますか?

 

どこに当てはまるにしても今日はまず採点、終わったら復習です。

解説授業等を活用して今日解けなかった問題は次に似た問題が出たときに必ず解けるようにしておきましょう。

 

また、残り夏休み期間が6日間となりました。

夏休みの勉強時間を最大限活用する、2学期からの朝の勉強習慣を作るためにも朝登校は出来る日は必ずしていきましょう!!

 

勉強の話はこれぐらいにして本題に入ります。

今回は ”将来の夢の見つけ方” ということで、将来の夢を見つけるときに頭に入れておきたいポイントをいくつか紹介したいと思います。

 

まず、色々な職業を知ること。

ここでいう「知る」というのは、その職業に就いている人が何をしているのかは勿論、何をやりがいにしてその職業に就いているのかを知るということです。

ただ、大変そうだから、つまらなそうだからでその職業を否定しないでください。食わず嫌いはよくないですよね。

何をしているかで興味がもてたら良し、かっこいいやりがいを聞いて自分もそんなこと言ってみたいと憧れることが出来たら良しです。

とりあえず、その職業についてもっと知りたいと思えばどんなに自分にとって現実感のない職業でも、もっと身近に感じることが出来ると思いますし、それは将来の夢にも繋がってくるでしょう。

 

その上で次に、1つに決める必要はないということ。

沢山の職業を見ればやりたいことは沢山でてくると思います。

沢山の夢を抱えていいんです。

その職業に就くまでの道のり、その職業に就いた後の自分を長い時間をかけて想像してください。

どれでもいいんです。

とりあえず何かに向かって進んでみましょう。

その過程で違う方が良かったら方向を変えればいいんです。

必ずどの職業でも他の職業に活かせる部分はあります。

だから迷わずに進んでください。

 

 

それでも本当に見つからないと嘆いているあなた!!

 

大丈夫です。

大学には専門的なところと総合的なところがあります。

将来の夢が決まっていなくても大学に入ってから進む道を決めるということも出来ます。

 

ということで、最後のポイントは気負わないこと

決めなければと焦っても中途半端な結果になるだけです。

時間をかけてもいいですから、本当に納得できるものを見つけてみましょう。

 

以上で僕が考える将来の夢の見つけ方については終わろうと思います。

いかがでしたか?

夢が見つからなくて困っている方の心が少しでも軽くなっていたら嬉しいです。

 

あまり参考にならなかったという方、

明日は高校時代スキー部、小林穂乃佳担任助手が夢・志について書いてくれます!

色々な人の意見を聞いて自分に合ったものを選びましょう。

 

そしてそして

【重大発表!!!】

さらに背が伸びた(笑)齋藤アキラ先生が帰ってきました!!

沢山話かけてくださいね。

 

私たち担任助手はいつでも受験生を応援しています!