就活という視点からみた大学受験 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2017年 6月 19日 就活という視点からみた大学受験

ブログをご覧の皆さん、こんにちは!

吉祥寺校元担任助手の渡邉里咲です!

久しぶりにブログを更新させていただきます。

 

私は現在大学三年生になりました。

今は、来年から始まる就職活動に向けて、自分のやりたい仕事・業種を調べたり、企業に行って仕事を体験する、「インターンシップ」に応募したりしているところです。

私が東進で働いていたころは、まだ就活のことなんて何も分からなかったのですが、今なら就活という視点からも大学受験についてみなさんにお伝えできると思ったので、本日お話させていただきます。高校生だけでなく、大学1・2年の皆さんにも読んでいただきたいです!

 

高校生のみなさん、とりあえず大学に入ろう、と思っていませんか?

やりたいことを大学で見つけて、就活すればいいや、と思っていませんか?

 

しかし今私が就職について考えている中で分かったこと、それは

「学部や学部での勉強内容がこんなにも就活に影響するんだ…。」

ということです。

 

例えば経済学部であれば、金融会社への就職を考えている人が多かったり、法学部であれば、司法試験を受けたり、公務員を目指す人が多かったり…。

 

もちろん学部によって仕事が限定されるわけではありません。自分の学部内容と全く関係のない会社に入社することももちろん可能です。

でもそれでは、大学での勉強が十分に就活に生かされていないのです。

とてももったいないことです。

 

就活では、「大学でどのような勉強をしてきたのか」とよく問われます。

そのときに、自分の志望する業界と直結するような内容を勉強してきた、と言えれば、かなりのアドバンテージになります。

どうせなら自分のやってきた勉強内容を存分に生かして就職を有利に進めたいですよね。

 

つまり私が今日みなさんにお伝えしたいのは、受験大学を決める際に、「ここではどのようなことが学べるのか」「どんな就職先が見えてくるのか」といったことまで考えてみてほしい!ということです。

 

東進で夢・志について考える場が多くあると思いますが、大学三年生になった今、あの時間はとても大事だったんだなと感じます。

今は目の前の大学受験勉強でいっぱいいっぱいだと思いますが、少し自分と向き合う時間を作って将来に思いを馳せてもらえたら、大学に入ってから必ず、「しっかり考えてよかった」と思える日が来ます!

 

そして現在大学1・2年のみなさん、大学生のうちに色々なことにチャレンジしてください

履修を決めるとき、楽単ではなく、自分の興味のある、将来に役立ちそうな授業をとってください!

留学やボランティア活動、英語の勉強などやれることは全部やってください!

大学生活は、やりたいことを自由にできる最後の時間です。

皆さん自身の力で、満足のいく大学生活を作っていってほしいなと思います。

私は大学生のうちにもっと色々な事をやっておけばよかった…と後悔しているところです(;;)

 

長くなりましたが、以上が私の伝えたい内容でした!

ちなみに私は今担任助手ではないものの、校舎の運営をお手伝いしていたり、模試監督に行ったりと、たまに吉祥寺校に顔を出しているので、お会いした時は、よろしくお願いします^^

私の元担当生はもちろん、吉祥寺校全員が悔いの残らない受験生活を送れること、心より祈っております。応援しています!

 

渡邉里咲