成績を伸ばすためには | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2017年 2月 22日 成績を伸ばすためには

皆さん、こんにちは

 

東進担任助手の長谷川です

 

受験を1、2年後に控えている高校1、2年生の皆さんは今の時期をどう過ごしていますか?

 

2月のセンター試験本番レベル模試などの模試を最近受けた人の多くは危機感や理想とのギャップを感じているのではないでしょうか

 

 

成績を伸ばしたいけど伸ばせてない方は多いのではないでしょうか?

 

実際僕も受験生のときには受験が終わるまで成績は伸び悩みました

 

しかし受験を終えてから成績を伸ばすということに関して気付いたことがあるのでそれについて書きたいと思います

 

 

まず

一見当たり前ですが

 成績の延び=成長

この2つは同じものだと思っています

 

皆さんは成長という言葉を部活や習い事の場面で使ったりすることはあることでしょう

 

 

 

 

では、どうしたら成長するのでしょうか?

 

「努力する」とか「方法を考える」とかが思い浮かぶでしょうか

 

僕の答えは

「なりたい姿の想像」と「目標の設定」

この2点が非常に重要だと考えています

 

なぜ、この2点が重要かというと   

モチベーションの持続   と  効率性

 

 

 

受験に当てはめて考えると

ただ、この大学にいきたいというのではなく、大学に入ってこういうことがしたいというのはもちろんのこと

 

数学をすらすらと解けるようにはなりたい

英語の長文を論文レベルでも日本語のように読みたい

 

など1つ1つ自分がこうなりたいという姿を想像するだけでモチベーションは上がると思います

 

 

 

 

また、センター試験で最終的には9割を超えたいと考えたときに月ごとや週ごとの目標を立てるのはもちろんのこと

数学ⅠAの二次関数を3週間でセンター試験レベルの問題を自作できるくらい解きこむなど

 

 

 

 

「なりたい姿の想像」と「目標の設定」をしっかりすることが重要です

 

この意見に反論したい方もいるでしょうが僕はそれがいまのところは答えとしています

 

 

質を高めて成績を上げようと思っても手探り状態のままで成績を伸ばすための時間を多くとってしまいます

 

なので悩んでいる方は1つの方法としてぜひ試してみてください