新学年になる君たちへ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 2月 17日 新学年になる君たちへ

こんにちは。担任助手1年の石川です。

まずは、

受験生の皆さん、あと一息です!

最後後悔しないように走り切ってください!!

 

さて、低学年の皆さんはいよいよ新学年が目の前に迫ってきましたね。

新学年になる自覚はありますか?

何も考えずに新学年を迎えて、何の覚悟もなく一年を過ごせば、自分を何も変えることのないまま来年を迎えます。

そんなんではどこにも受かりません。

仮に受かったとしても、大学でも同じように何となく月日が過ぎて、特に得るものもないでしょう。

 

突然ですが、以前佐藤担任助手のブログにあった、日本で大学に進学する人の割合がどの程度か覚えていますか。

およそ50%です。

せっかく受験勉強をする機会をもらえているのだから、それを無碍にするのはもったいない。

世の中にはそもそも受験勉強なんて選択肢にもできない人がたくさんいるんです。

そんな中で受験をさせてもらえる。

それだけで幸せなことなんです。

贅沢なんです。

その贅沢を無駄にしていませんか。

もちろん、新高012生に一切遊ぶな、とは言いません。

しかし、やるときはちゃんとやりましょう。

自分で立てた目標くらいきちんと達成しましょう。

 

欲に負けた。

そんな言い訳大学受験では通用しません。

欲に負けたから勉強できなかったけど、それだけの実力はあるから合格させてください。

なんて言えるわけがないですよね。

 

そうは言っても私自身も何度か欲に負けたことがあります。

部活が終わって解放感に包まれていた時、まあ4年半(中高一貫だったので)頑張ったし、ご褒美だ!!

とか考えて遊び呆けていたわけでもないのにただひたすらぐうたらして時間を無駄にしていました。

この時高2の冬。

成績は、無謀ではないけれど、決して安心できるほどのものでもありませんでした。

でも私は欲に負けた。

1年間部活内では最高学年として、パートリーダー(音楽系の部活でした)として頑張ってきたんだから少しくらい自分を褒めてやってもいいじゃないかって。

皆さんお分かりかと思いますが、受験と部活は一口に努力、と言っても全くの別物です。

部活を頑張ったからと言って一般入試で受かるわけではない。

部活が終わってから1日2日は遊んでもいいけど、その分どこかで勉強する。

それくらいの覚悟はないとな、って今となっては思います。

 

もう一つは第二志望に受かって緊張が解けた時。

これはもしかしたら今受験生の中に同じ状況になっている人がいるかもしれませんね。

私は第一志望が早稲田で第二志望が上智でした。

上智って試験日も結果発表も早いんですよ。

だから、まだ早稲田の試験が残っている状態で上智の合格を知りました。

はい。気が抜けました。

サボりたい。そんな欲が私の中に出てきました。

ここまで早稲田に行くために頑張ってきたのに。

第一志望に行くためだけに1年努力してきたのに。

そこからの私は限界量の努力をやめてしまいました。

本当にもったいない。

そのくせして思うようにできなかったと一丁前に悔しがってました笑

悔しがるならやれよ、って思いますよね。

 

このほかにも些細なことは数えきれません。

こうしてみると人間って弱いなあってつくづく思います。

でも皆さんには負けないで欲しい。

私は何とか第一志望に受かったからよかったものの、落ちていたら絶対に後悔しているから。

私ができるのは過去の自分を変えることではなく、皆さんに過去の自分を通して伝えることだけです。

 

みんなにはまだ時間がある。自分を変えるなら今です。新学年にもなるし、心機一転!!

 

欲に負けずにやることはやって、後悔なく受験を終えて欲しい。

 

まずはGMTで立てた目標は必ず達成しよう!!