新規担任助手紹介 part6 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2016年 3月 29日 新規担任助手紹介 part6

こんにちは!新規担任助手の浅井綾乃です!

初めてのブログ更新ということで軽く自己紹介をしたいと思います!

 

《高校》 成蹊高校 バスケ部(週4~5)

《大学》 上智大学 総合グローバル学部

      2014年にできた新設の学部です!国際関係や地域研究などを主に勉強します。

 

 好きな教科は英語です!将来も英語を使った仕事に就きたいです!

 今の目標は、大学で交換留学に行くことです。その為に今は英語の資格を取るために頑張っています。

 

《受験勉強について》

 私は実を言うと、東進に入りたての高2の冬は本当にただの落ちこぼれでした。

センターの点数は半分も取れず、上智大学に行きたいと言っても笑われるくらいの成績でした。

そんな私がこうして行きたかった大学に合格できたのは、どんなことを言われても見返してやる、くらいの気持ちでいつも勉強していたからです。

 

私が受験勉強において何より大切にしたのは何回も繰り返すことです。

例えば、私は部活の朝練で朝早くに起き続けていました。その早起きの習慣を部活を引退してからも続け、朝勉強を定着させました。朝の数十分の勉強を何カ月も続けると、何十時間もの差になります。その差で合否というのは変わってきます。

また具体的な話をすると、私は覚えにくい英単語や英文をお手洗いのドアや勉強机の上などあらゆる所に貼って毎日読んで定着させていました。あまり得意でなかった日本史は、資料集を肌身離さず持ち歩き、暇さえあれば眺めていました。

 

受験勉強において大切なことはもう一つあります。

それは、苦手意識を持たないことです。

この時期、何かが苦手だ嫌いだと言っている人たくさんいます。私も1年前はそのうちの一人でした。

ですが、その人のほとんどが やっていない=解けない=苦手 という意識を持ってしまっている人が多いです。

私も英語も日本史も苦手だと思っていましたが、やれば確実に伸び、やった分だけ得意になります。

自分の限界までその科目をやってどうしてもできないなら苦手なのかもしれませんが、中途半端な時点で苦手と思っているとモチベーションも下がり、本来得意科目になるはずが苦手のまま試験を迎えていまうことになります。

 

受験は楽しんだもの勝ちです!苦手、というマイナスな言葉はなるべく使わず、前向きに勉強していきましょう!

 

これから受験を控える皆さんを全力でサポートしたいと思うので、よろしくお願いします!