時間 | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 7月 10日 時間

こんにちは、担任助手1年の田島です。今月2回目の投稿です笑

さてこの「時間」というタイトルを見た皆さんは、「あぁどうせ時間大事にしろとかいうんだろうな」とお思いかもしれません。ご名答です、今日皆さんにお伝えしたいのはまさにそういった話です。

さてもうすぐ皆さん夏休みに入るということで、まず高校1年生、2年生の皆さんに伝えたいことは、勉強も大事だけど部活や自分の興味のあることにも全力で取り組んで欲しいということです。現在コロナによってなかなか活動できていないとは思いますが、部活をやっている人は少ない時間でも全力でやることを意識してください。正直こんな情勢下で、いつ活動ができなくなるのか全くわかりませんし、もしかしたら急に引退なんてこともあるかもです。(まさに自分がそうでした、、、)文化部も運動部も、いつ終わっても後悔が残らないよう注力してください。何よりも部活動は高校生活において人間的にも成長できるチャンスです。部活動で結果を残す人が勉強面でも成績が伸びやすいというのは、「自分が努力すれば結果が出せる人間であることを知っている」からです。また、自分の興味のあることに取り組む夏にもして欲しいと思います。高校3年生になるとなかなか忙しく、受験勉強などで手一杯になってしまう可能性が高いです。今のうちに自分がやりたいことは全力でやっておくといいでしょう。勿論勉強もしっかりね!

そして受験生の皆さん、部活がまだ残っている人もいると思いますがもうそれは言い訳にできません。皆さんが「やる気出ない」「忙しい」「時間ない」といってる間にも何千人ものライバルたちが着々と実力をつけていきます。勿論なかなか気持ちが勉強に向かない気持ちはよくわかります。でももう「やるしかない」んです。皆さんが半年後受験という舞台で戦うためには、今から努力する他にないです。やる気がないときこそ机に向かってください。「やる気」というのは自然と湧いてくるものでなく、自分で作り出すものだと思います。一緒に頑張りましょう。

最後にようやく本題となります(長々申し訳ないです)この時期から多くの受験生が焦り出し、「時間がない」という言葉をよく聞くようになります。断言しますが、高校生の「時間がない」は嘘です。どんなに部活などが忙しくても、努力すれば勉強時間は捻出できるはずなんです。学校で拘束されてる時間なんて部活があっても高々10時間くらいじゃないですか。睡眠時間や生活する上で必要な時間を鑑みても、1日6時間くらいは勉強に当てれるはずなんです。朝早く起きたり、隙間時間を活用したり、少し工夫を凝らせばどんなに忙しくてもある程度の時間というのは見出せるはずなんです。それでも世の受験生が「時間がない」と口々に言うのはやはり勉強する時間がないのではなく、勉強から逃げてる時間が多いからなんだと思います。学校が終わったら少しダラダラしてしまったり、勉強しに塾に行ってもどこか気持ちが入らなくて時間を無駄にしてしまったり、理由はいろいろあると思いますがやはりそういったものが蓄積していって受かる人と受からない人の差になるんだと思います。皆さん1人1人が持っている時間は等しく24時間なんですから、今持てる時間を大切に使ってください。若干根性論になってしまいますが、当てれる時間は全て勉強にあててください。受験生受かるにはやはりそれくらいの気概が必要だと思います。そして勉強時間は生み出せるものだということを分かっておいてください。

 

皆さんの夏が実りあるものになるよう、応援しています。

最新記事一覧

過去の記事