模試、演習について | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 5月 12日 模試、演習について

みなさんこんにちは、担任助手1年の田島です!今日は、5月に共通テストの対策演習が始まったので、演習や模試についての話をしたいと思います!

早速ですがみなさん、共通テスト対策演習にはもう入っていますか?吉祥寺校でも最近受付で演習を印刷しに来る子をよく見るようになりました。2021年度入試から旧来のセンター試験が見直され、新たに導入された共通テストでしたが、試行問題と異なる部分が多く戸惑った受験生が多かったのも事実です。次年度の共通テストに関しても、難化する可能性もあるし、問題傾向すら変わってくる可能性があります。そんな未だ未知数の共通テストに対応するには、早期の演習、そして共通テスト模試をこなすしかありません。早めに対策を始めることをお勧めします。

さて、ここで皆さんに問いたいのは、演習、模試が終わったあと皆さんがどのように勉強しているかです。自分がどこの範囲を間違えていて、どのようにアプローチすればその問題は解けるのか、などなどしっかり自己分析できていますか?自分なりの解き方を試行錯誤できていますか?演習や模試に関して、受験生は特に点数第1になりがちで、その後の1番肝心な復習と自己分析を怠ってしまうことが多いです(自分もそうでした)。もちろん自分が現時点でどの程度の点数が取れるのか、順位はどのくらいか、偏差値はいくつで判定はどうか、、など、模試や演習で得られる情報というのは受験において非常に重要です。ですが皆さんになによりも大切にしてほしいのは、「自分がどの範囲を間違えているか」そして、「どうやってそれを克服するか」です。日本史の金谷俊一郎先生が、「点数を伸ばす方法はただ一つ、できないことをできるようにすること」と仰っていました。本当にその通りで、皆さんには演習や模試の結果を、自分の成績を上げるツールとして使ってほしいのです。

模試、演習を解く→丸つけをして自己分析→復習の流れを是非、日々の共通テスト演習や模試で意識してみてください!皆さんの5月の学習が充実したものになることを願ってます。