私が合格した時のこと | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2016年 2月 10日 私が合格した時のこと

みなさんこんにちは 😆

吉祥寺校担任助手の渡辺です!

 

ご存知の通り、現高3生は大学受験真っ最中です。

同時にどうしても結果というものが出てきて、気持ちが左右されがちな時期でもありますよね。

今、大事なのは、一回一回の切り替えです。

結果が気になるとは思いますが、自己採点も、暗記物以外はしなくても良いと思います。

 

終わった受験のことは考えない、次の受験への対策を早急にはじめる

私はこれをモットーに受験時代を過ごしました。

 

私の受験をお話しいたします。

私が手ごたえを感じた受験は3校ありました。

家に帰って、お母さんに「多分受かった」などと話しているほどでした。

 

しかし最初の二つの大学は、まさかの不合格

自分ではやりきったつもりだったけれど、周りはもっと努力していたんだなぁと涙が止まりませんでした。

親や弟や担任、担任助手の方にたくさん励ましてもらったのを覚えています。

しかし残っている合格発表は、落ちた大学よりもレベルの高いところだけ。

手ごたえを感じた残りの一校もどうせ落ちているんだろうな、と思っていました。

 

迎えた合格発表。

落ちたと思っていたので、わざと発表時刻から遅れて見ました。

何のためらいもなく結果を表示すると、合格の文字

 

「えっっ!?!?」と叫んでから、お母さんのところに走って報告しに行き、泣きながら喜びました。

お父さんも本当は不安でたまらなかったと思うのですが、「お父さんは受かると思ってたよ」と言ってくれました。

そんなわけで私は今立教大学に通っています。

 

つまり私が伝えたいのは「受験は何が起こるか分からない!」

受かると思っていた大学に落ちることも、それよりレベルの高い大学に合格することも日常茶飯事です。

一回一回の結果に一喜一憂しないで、常に先だけ見ていきましょう!

 

みなさんの最高の春はすぐそこまでやってきています。

最後の一踏ん張り、頑張りましょう^^

吉祥寺校スタッフ一同、心から応援しています。

 

渡辺

過去の記事