私大を受けて | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

2020年 1月 31日 私大を受けて

こんにちは!担任助手の西澤です。

明日からは2月です。私大入試もそろそろ始まってきた頃かと思います。

さて、今日はその私大について話したいと思います。

結論から言うと、第二志望以下の私大の受験も大切にしてほしいということです。

というと当たり前の話のように聞こえますが、いくつかの理由を含めて伝えたいと思います。

前提として、滑り止めとして受ける意義があるということです。

これは言わずもがなだと思うので割愛したいと思います。

 

皆さんの中には「一応併願校を受けるけれど、第一志望にしか興味がない」

という人もいると思います。自分も当時はその一人でした。

しかし、最初の私大入試を受けた際、自分の弱点について改めて認識することが出来ました。

その弱点を次の私大までに克服した結果、今の大学に合格しました。(第一志望はそのような小手先では実力不足だったようです)

私大を受ける意義として、次の試験までの課題を見つけることだと僕は思います。

 

人間万事塞翁が馬というのは僕の好きな言葉です。

絶対受かりたかった安全校に合格出来なかったとしても、それがその先どう転ぶかは、皆さんのその後の行動次第です。

弱点をしっかりと認識してそこを補填することが先に繋がります。その機会として私大入試は絶好の機会です。

試験が終わってもしっかりと復習をしましょう。

ただし、難しすぎる問題を深追いするのはこの時期はやめておきましょう…。