継続は力なり。 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2015年 12月 25日 継続は力なり。

 

 

こんにちは!予報では雨だったのに晴れてよかったですね(^^)

最近マラソンにはまっている渡邉です。

 

センター試験まで残すところあと22日!

受験生は大詰めの時期ですね。校舎でも休み時間は走って移動する生徒や

参考書を常にもって移動している受験生を見て、

全力出し切ってる様子をひしひしと感じます。

 

 

そんな時期だからこそ、継続的に努力することについて今日は話し(?)たいと思います。

 

 

僕も受験生だったころは毎日8時から21時30分まで勉強していました。

今思うとそんな生活を1年間続けていたなんて信じられませんが、

 

なぜそれだけ努力していたのか、なぜそんな生活が続けられたのか、考えてみました。

 

 

そしてある日自分なりに納得のいく答えに出会いました。

 

それは、

 

「習慣化された行動なら

その過程を頭の中で省略することができる」

 

 みたいです!

みなさんも朝通学している時などに、いつも自転車で通る道などを意識しながら通っていますか?

気付いたら駅や学校についていた経験ないでしょうか。

電車に乗っていても気がついたら目的の駅についてた、なんてこともあると思います。

 

冒頭で最近マラソンにはまっている、と書きましたが、

実はマラソンが大嫌いでした。本当に。

 

そんな自分も運動不足解消のためとりあえず一週間つづけてみようと思い、

やってみたら1日目、2日目はただただつらいものでしたが、

 

つづけていくにつれてだんだんあれ?もうこんなに走った?と考えるようになっていきました。

今では走らないとむしろ気分が落ち着かなくなってくるほどなのですが、

 

それも「習慣化」された行動(マラソン)の過程を頭の中で省略しているからできたことであると考えます。

そして、過程が省略されるようになると余計なことを考えなくなり、

「大変だ」「きつい」「もうやめてしまおうか・・・」という考えが、

「意外とできる」「もっとできるからもっとやろう」という風に変わっていきました。

 

つまり、習慣化さえしてしまえば努力なんていくらでもできます!

大嫌いだったマラソンを毎日つづけられるようになった自分が言うから間違いないです。(笑)

 

とくに一二年生、この冬休みで勉強を「習慣化」して、

継続的に努力ができるように成長しましょう!

 

年末年始も校舎は開いているので、

一緒にがんばりましょう(^^)!

 

 

 

 

渡辺光