言い訳 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2017年 3月 4日 言い訳


こんにちは!担任助手の田中瑛介です!

 

今日は、最近生徒に話した「言い訳」についての話をしたいと思います!

 

最近東進では2月センター本番レベル模試の成績が返ってきたのですが、生徒とその話をしていると

「今回は体調が悪くて、、」「時計忘れたんですよね」「マークミスしたんですよ」

などと、「今回はミスしたけど自分にはもっと力がある」という言い方をする人が多いことに気が付きます。

 

しかし、本当にそれでいいのでしょうか?

 

一方で、話を受験生に置き換えてみましょう。

「今年は熱出してセンター受けられなかったんですよね」「時計忘れて東大落ちたんですよ。」「マークミスで足切り食らいました」

 

「でも僕、実力出せれば受かっていたんですよ。」

これでは報われないですよね。落ちてしまったという事実は、実力云々に関わらず変えようがありません。

 

ミスをしないこと、体調管理を怠らないこと、忘れ物をしないこと。模試も入試も、すべてが問われます。すべてを含めての「実力」です。

 

是非皆さん、「入試に言い訳は無用」なのだということを肝に銘じて、一回一回の模試を成功させられるよう頑張ってください!