諦めるもの、譲れないもの | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 12月 17日 諦めるもの、譲れないもの

こんにちは。担任助手の今村です。

では。

大学受験は合否の面についてはどうしようもなく競争で、競争に勝つためには自分の出せる力を全て出してその競争に備えなければいけない。受験期の私はそんなふうに考えていた。全力など出さなくても簡単に競争に勝てる人はいるだろう、でも私は自分がそうだと思えるような成績をとっていなかった。

そのくせ、全力という言葉もそれを実行するのも苦手だったから、この時期は悩んだ覚えがある。

みなさんは、全力を出した経験があるだろうか。全力の状態が数時間続けば良しとされる場面で、そのようにできたことはあったかもしれない。でも、数ヶ月、数年間にわたって全力の状態を続けることは難しいのではないだろうか。

そもそも、大学受験において、全力で合格を目指すというのは具体的にどういうことを指すのだろうか。

例えば時間の面。毎日決まった早い時間に起きて勉強する、学校が終わればすぐに東進へ向かって閉館時間まで勉強し、帰宅後も勉強する。睡眠時間はどれくらいとっていいのか?食事やお風呂の時間は?勉強以外のことを考える時間は?楽しいことを全て自分の手で自分の生活から追い出さないといけないのか?

 


夏に私はここのブログにこう書いたと思う。「大きな目標を達成することの優先順位をもしも最上位にするなら、他のことを少しずつ諦めなければいけません」。

どこまで諦めることができて、どこからが譲れないか。自分が大切にしているもの、時間はどんなものか。それを知ることができるのも受験のひとつの側面だ。

時間はもう、そこまで多くは残されていない。体に気をつけて、後悔のない過ごし方ができるといいと思う。

担任助手一年 今村