過去問を解くということ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2017年 9月 14日 過去問を解くということ

こんにちは

 

担任助手の渡辺です。

 

唐突ですが、高3のみなさん!!

過去問を解いてますか?

 

担任助手や担任に言われて、だただ解いている人も多いと思います。

 

過去問の目的は何でしょうか?

 

 

当たり前だけど、

受かるため

だと思います

 

過去問を解くメリット、目的は2つあります。

 

①分析をして勉強の指針や自分に足りない部分を知ることができる

 

②問題演習を通して実力をつけることができる

 

 

したがって、この目的が正しいとするならば過去問を解きまくるという方法は必ずしもベストではありません。

 

 

 

過去問を十年分解くことより、過去問を五年分解き、テキストの復習をしたほうが実力をつけられるかもしれません。

 

 

 

 

過去問を解くよりテキストの問題を解くほうが実力を上げられるという判断もありだと思います

 

 

 

目的を明確にしたうえでベストな方法を選んでほしいと思います

 

 

 

                                   渡辺

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

過去の記事