過去問大事だよ! | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 9月 29日 過去問大事だよ!

こんにちは、担任助手1年の石川です!

高3生のみなさん、二次私大の過去問は順調ですか?

 

単元ジャンル別演習を始めた人もいると思いますが、単元ジャンル別演習はあくまで苦手補強です。

(かといってないがしろにしていいわけではないのできちんとやってくださいね笑)

是非過去問を通しで解くことをしてほしいです。

 

やってみると分かりますが、試験本番のスケジュール通り解こうと思うと結構疲れます。

疲れるからやらない。ではなく、たくさん解いてそのスケジュールに慣れてください!

本番は疲れても途中で休憩を挟むことはできません。

だったら慣れておいたほうがいいですよね!

 

よく練習は本番のように、本番は練習のように、と言いますが、大学入試ももちろん例外ではありません。

共通テストの模試も長い時間受けているとは思いますが、二次私大は同じ時間でもその倍は疲れます。

普段から演習で慣れている人は本番も集中が続きます。

集中が切れたからと演習をやめてしまう人は本番でも100%の力を出し切ることは出来ません。

 

極論を言えば100%の力を本番で出すことはできません。

もちろん緊張もするし、一度もペンを握ったことがない場所で試験を受けるし、周りは皆自分より頭がいいように見えるし…。

その状況下で100%の力なんて誰も出せません。

しかし、100%に近い実力を出すことはできます。

 

100%に近い力を出せる人とは

過去問を沢山解いた人。

といってもただ解けばいいということではありません。

解いた上でその大学、学部がどういう問題を出してくるのか、その大学に受かるには自分に何が足りないのかを分析しきることが重要です。

 

欲を言うのであれば、自分が受験する全ての大学学部の問題の分析を完璧にして欲しいです。

ただほとんどの人はそこまでやっている時間はないと思います。

だから少しでも多くの過去問に触れて分析することができるように、集中を続ける練習をする為に毎日過去問を解き、午前授業の日、休日には一年分通しで解くことをしてください。

 

残り5ヶ月、悔いのないように最大限の努力をしてください。