過去問研究が合格への近道! | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2017年 10月 6日 過去問研究が合格への近道!

みなさんこんにちは!

担任助手の浅井です^^

 

最近寒くなってきて冬の訪れを感じますね!

受験生の皆さんはそろそろ過去問をしっかり解き始めている時期ではないでしょうか?

過去問をはじめて解いたときのショック、忘れません(笑)

こんなにできないものかと落ち込みました・・・

 

基礎は出来ているはずなのに点数が思ったより取れなくて落ち込んでるそこの君!

大丈夫です!過去問は研究していれば点数上がります!!

 

ただ大事なのはどうやって研究するか。

先日過去問研究シートを読んでいて気になる部分がありました。

 

「文法問題が難しかった。次は80%くらいは取りたい。」

 

なにが気になるかわかりますか?

では、次はどうでしょうか。

 

「文法問題ができなかった。特に語法が関係している部分が取れていない。今週中にもう一度参考書の語法の部分を見直し、次は80%とれるように努力する。」

 

何が違うでしょうか?

後者のほうが、次にやることが明確ですね!

過去問の研究というのは、ただの感想ではありません。

自分の実力を知り、その後にどう行動すれば弱点が埋まるかを考える場です。

ここができるかどうかで過去問の意味が変わってきます!

 

もう一度自分の過去問の研究の仕方が正しいかどうか確認してみてくださいね!