部活を引退するか続けるか?   | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2017年 4月 30日 部活を引退するか続けるか?  

 

こんにちは!

担任助手2年の横山です!

 

最近、腰が異常に痛くてマッサージに通おうかと思っています汗

 

クシャミをするたびに腰に激痛が走るので毎回地獄です……。

どなたか、良い処置の仕方がありましたら教えてください笑

お待ちしています!!

 

 

さて、今日は部活動を引退するか続けるか、についてアドバイスをしたいと思います!

 

少し、僕自身の話をします。僕は小学3年生から高校3年生までサッカー部でした。

自分なりに10年間サッカーを頑張ってきました。

そして、人生においてたぶん最後であろう大会で地区の決勝まで行きましたが、負けてしまいました。

それもたまたま風に流れたボールがそのまま入ってしまって、攻め続けましたがそのまま負けるという形でした。

 

 

4月の大会で引退して受験に切り替えるつもりでした。

親にも受験があるから引退することが当たり前だと思われていました。

 

 

しかし、心は全く受験に向いていませんでした。

 

そこで決めました。

 

夏まで部活に残ることを。

 

受験勉強はかなり厳しくなるのは十分承知していましたが、このまま受験勉強だけに切り替えても身が入らないと思いました。

 

浪人は絶対に無しで、もし納得のいかない結果になっても受かった大学に進学をするという形で部活を続けました。

 

そして、今まで異常に過酷な生活が始まりました。

1時には寝て7時に起きるというサイクルを守り、空き時間は誰よりも集中して勉強していました。

 

8月の大会では納得のいく結果にはなりませんでしたが、すべてを出し切ったので後悔はありませんでした。

 

受験ではなんとか点数も伸びて無事第一志望に受かることが出来ました!!

 

さて、話を戻します。

 

僕は「部活を続けろ!」と強く伝えたいわけではありません。

 

僕が伝えたいのは「自分の意志で選択をし、その上で自分で責任を負う覚悟を持て!!」ということです。

 

僕が他の受験生より時間がなくても第一志望に受かることが出来たのは誰よりも質にこだわって勉強をしていたからだと思っています。

 

僕にとっての夏は勉強も部活も一生経験することが出来ない時間でした。

残って本当に良かったと思っています。

 

もし、このブログを見ている人で引退するか続けるか悩んでいる人はその選択を自分で背負う覚悟があるかどうかを自分にきいてみてください!!!!

 

担任助手 横山真也