量に拘る二つの理由 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 3月 18日 量に拘る二つの理由

こんにちは。新大学二年の担任助手の渡辺です。今日は春休みに勉強のに拘ってほしいということを伝えたいと思います。

なぜ、なのでしょうか。よく「VS」で勉強は語られます。決して、をおろそかにしろと言っているわけではありませんし、個人的には勉強においてが最も大事な要素だとすら思っています。では、なぜを重視するのか。二つの理由を述べようと思います。

のための

受験において最も勉強する期間、言い換えると最も勉強できる期間は夏休みです。その夏休みに高い

勉強をし続けたいのは言うまでもありません。そのために、今やっている勉強のをさらに上げてほしい。春休みに試行錯誤することで、の高い、最も得点に直結しやすい勉強法を考えてほしいです。

春休みに勉強の習慣をつけよう

勉強はスポーツと同様に体力が必要になります。勉強における体力は、同じ問題を粘り強く考えられる姿勢であったり、一日に何時間机に座っていられるかなどに影響を与えます。勉強における体力というのは、これまでいくら勉強してきたかや、本を読んできたかということに依存します。この体力をつけるのに春休み絶好の機会です。

 

校舎は春休み期間は8時30分から空いているので、に拘って勉強してくれることを切に願います。

渡辺

 

最新記事一覧

過去の記事