食欲の秋 | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 10月 17日 食欲の秋

こんにちは。
今回は完全に私の話であり、点数を上げる助けになる話ではないと思います。それでもいいよという人は息抜きに読んでください。それでは。


"満たされていたいっていつも思うけれど 満たされていないからこその願う力
腹が減ってる時の食欲みたいなもの あなたはどうか大事にしてね"
出典:amazarashi 『エンディングテーマ』

これは、みなさんに一度は触れてほしい歌詞であり、最近私が自分自身に言い聞かせている歌詞でもある。

受験期、私が見ていたものはあまり変わらない風景だった。ほとんど同じところへの往復で成り立っていた生活。
その中で一生懸命にうつくしいものを探していた。実際、うつくしいものはちゃんとあった。
例えば。東進に通い始めるまで夜遅くに出歩く機会がかなり少なかった私は、毎日決まった方向を向けばそこで星が輝くことにまず驚いた。ここでも星は見えるんだなと思ったのを覚えている。毎日見ているはずなのに、前方にあったはずのオリオン座が気がつけば消えていたあの木曜日には、受験本番が刻々とせまっていることを実感すると同時に、それを星を見て感じられるような帰り道が私に用意されていることを嬉しく思っていた。

うつくしいものはすべて周りにあるもので、自分でよく周りを見ていないと気がつけないし、うつくしいとも思えない。そういう時期だった。
私を受け持ってくれていた担任助手が、受験生活をモノトナスな日々だったといつかブログに書いていらしたが、本当にその通りだった。でも、その分上記のように私は単調な毎日を楽しむのが上手くなった。「腹が減っている時の食欲みたいなもの」が私にそれを可能にしていた。

三月、受験を終えた私にはスマートフォンの小さな画面から、あなたこれ好きでしょう?と言わんばかりに毎時間コンテンツが供給された。「腹が減って」いようがいまいがお構いなしに。健康体に点滴で栄養分をどばどば流し込まれているみたいだった。自分の意思であれを食べようこれを食べようと選んで、腹を満たすことができなくなってしまいそうだった。

そして今。受験はもちろんとっくのとうに終わっているが、受験後のあの不思議な時期ももうすっかり過ぎ去った。大学だって一年の前半が終わってしまった。そんな今私が取り戻しつつあるのは、他でもない「食欲」。公園やただの道に、好きなものを、うつくしいものを、探しに行っている。何がほしいかを自分の頭で考えて自分から探しに行くことに時間をかけられる贅沢を、心ゆくまで味わっている。


食欲。
私にとっての「食欲」と、みなさんにとっての、あなたにとっての「食欲」は方向性が違うだろうが、受験期はこの「食欲」だとか「満たされていないからこその願う力」を養うのに適した時期だと思う。
最後に。これは、「食欲」を持ちましょうという趣旨のブログではない。ひとつの経験談としてここに置いておくだけである。

担任助手一年 今村

最新記事一覧

過去の記事