受験生流・お正月の過ごし方 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2016年 12月 30日 受験生流・お正月の過ごし方

 

皆さんこんにちは、担任助手の加藤です!

いよいよ明日は大晦日千題テストですね! 皆さん、気合は十分ですか?

明日は8:30から!校舎は空いています! 是非朝早くから来てくださいね!

 

ところで受験生の皆さん、年末年始はどのように過ごされますか? 

もちろん勉強!それも大事です。しかし、受験は残酷なことに運が決め手になることも少なくはありません。

せっかくのお正月、受験に向けて運を蓄えておきたくはありませんか?

 

そこで、運を蓄える受験生流・お正月の過ごし方を、完全な主観に基づいてご紹介します!

 

①初日の出を見て新年を迎えよう

千題テスト後、大晦日の夜12時に新年を迎えたら、即刻寝て、朝早く起きて初日の出を見ましょう!

僕も受験期は初日の出を見ました。寒い中で見る初日のでは幻想的で、何か強大なパワーを感じますよ。

2017年最初の日の出で、縁起のよい日光を浴びて、1日の勉強をスタートさせましょう!

 

②初詣には必ず行こう

若い人で初詣に行く人は年々減っているみたいです。毎年は初詣に行ってなくても、受験生の皆さんは初詣に絶対行くべきです。

毎年家族でお世話になっている神社でもいいですし、受験という特別なイベントのために、学問の神様が奉られている湯島天神などに遠出してもいいかもしれません。

もちろん受験は神頼みでは受かりませんが、神様に、自分の努力を見ていてください、絶対受かります、と宣言すると、気合が入ると思います!

もちろん合格祈願のお守り等もお忘れなく!

 

③1年の抱負を宣言しよう

家族にでも、担任、担任助手にでも、友達にでも、誰でもいいです。一年の抱負を決めて宣言しましょう!

1年、となると、皆さんの1年は単純に受験だけではないですよね。大学で過ごす1年間のことを考えて、抱負を宣言しましょう

皆さんにとってこの1年間は大きな転換点となる飛躍的な1年間になるはずです! 

ちなみに僕は受験期は筆を持って半紙に抱負をしたためました。「初志貫徹」!

 

④東進に行こう

もちろん、東進は年末年始も年中無休! 平常運転です。いつものように、東進に通い、勉強の流れを乱さないようにしましょう。

正月こそ、ライバルが勉強量が少なくなりがちな中、勉強量を稼げるチャンスです! センターまで最後の追い込みをしましょう!

正月特訓で一生懸命勉強をしようと意気込んでいる人もいるはず!がんばりましょう。

吉祥寺校では宗先生がお正月決起会をやります。元僧侶(?)の宗先生からのありがたい縁起のよい話を聞いて、気合高めて勉強をしましょう!

 

いかがだったでしょうか? 盆暮れ正月など受験生にはない!!なんていう人もいますが、お正月こそ、正月ならではのことをして、運気を 味方につけていきましょう!何より、日々の勉強で疲れてる中での、リフレッシュになるはずです。

 

受験生といえど、正月は正月らしく!

是非運気を高めて、ラストスパートがんばってください!