意味をなす学習 | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 12月 5日 意味をなす学習

こんにちは!担任助手の杉本です。

 

今日は低学年の方に向けて、ブログを書こうと思います。

 

今、皆さんがやっている学習、

受講、マスター、学校の予習復習、参考書など

たくさんあると思いますが、

それらが成績を伸ばす、という目的から見たとき

どのくらい意味をなしていでしょうか

 

12月に入り、冬休みが少しずつ近づいていますね。

冬休みに向けて少しずつ学習の計画を立て始めましょう!普段に比べて時間の余裕もできると思うので、何か新しい学習を始めるのも良いと思います。

その際に、先ほど書いた

それらが成績を伸ばす、という目的から見たとき

どのくらい意味をなしているか

考えてみてください。

 

少し抽象的な表現になってしまったので、

実際に私の高2生の頃の学習を振り返って例をあげようと思います。

①受験数学の受講の復習

授業で取り扱った問題を全て自力で解けるようになるまで、繰り返し解いていました。

②構文の受講の復習

英語の構文の受講の重要箇所のまとまった部分をノートに理解しながらまとめていました。

 

①も②受講の復習です。受講の復習が大事だと再三言われてきたので、素直に復習をしていました。

この2つの学習のうち、①は高3生になってからもやって良かったと思えるものになりました。

過去問を解いている中で類題が出題されて簡単に解けたりなど、高2生の頃の自分を褒めたいくらい役に立ちました。

一方、②の学習は高3生の頃にはやっていたことすら忘れてしまうくらい、役に立ったとは言えないものだったと思います。

 

どちらの学習も実際にやっているときは同じくらい集中していました。

しかし、②の学習の問題点として、基礎的な文法がまだあやふやな頃に、当時の私にとってかなり難しく感じた構文の受講の復習をしていたので、知識がほとんど身につきませんでした。結局、その後に文法の学習を新しく始めることになったので、②の学習内容は次第に頭から抜けていっていました、、。学習を始める前に、少し立ち止まって本当に意味をあるのかを考えていたら無駄な学習に時間を使ってしまうことは防げたと思います。

 

低学年の皆さんには、まだ多くの学習をする時間が残されています。

しかし、新しい学習を始める前に、その学習が

それらが成績を伸ばす、という目的から見たとき

どのくらい意味をなしているか

もう一度考えてみてください。高3生になって、低学年の頃この学習をやっておいて良かった、と思える学習をしましょう。

 

客観的に、その学習が意味をなすのか考えるのも良いと思います。私たち担任助手もたくさん相談に乗るので、困っていたらぜひ話しかけてください!

過去の記事