E判定は良い判定? | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 6月 13日 E判定は良い判定?

こんにちは!生徒時代は模試の帰りの電車で自己採点をしていた白木です。

本日6月13日は待ちに待った全国統一テストです!!皆さんがこのブログを読む頃には終わってるかもしれないので、今回は模試後について話します。おそらく皆さんが試験を終えたあと1番楽しみにしているのは、点数と判定だと思います。あっ、まだ採点終わってない人は先にそっちやってください。

今回私が話したいのは判定をどう捉えるかについてです。よくこんな言葉を耳にします。「E判定でも逆転合格できる」「A判定でも落ちる人はいる」

私もその通りだと思います。最後まで受験というものは分からないもので、ちょっとの差で合格か不合格が決まってしまうものです。しかし、それはあくまでも努力を怠らなかった人の話です。

判定が良かろうが悪かろうが努力をしない人は落ちます。

「E判定だったけど受かるやつもいるから大丈夫」

を信じているあなたは危険です。

たしかに悪い結果をネガティブには捉えてほしくないですが、現実は受け入れてほしいものです。今のところの合格可能性は20%もないのです。少しは焦ってください。5回試験受けても落ちるかもしれないんです。だとしたら6月時点でA,B判定取ってるライバルに逆転勝ちするには奴らの何倍も努力しないといけないんです。しかし時間は限られている。どうしたらいいのか。

そのために分析という工程があるのです。そのための自己採点です。また何点取れたかばかりに焦点を当てないでください。この科目は出来たとか出来なかったとかより、数1Aの確率があやふやだったとかそういう発見が大事なんです。自分の出来たことより出来なかったことを見つけるための模試です。志望校合格にどれだけの努力が必要かを示してくれる値が判定です。

もう出てしまった結果は変わりません。だったら今回の模試を踏まえてどうすれば短期間でより良い判定を取れるようになるか、模試をしっかり分析して効率の良い勉強方法を模索してください。

そういったことを教えてくれる点ではE判定も良い判定ですね!すみません何でもないです笑。でも悪い判定で落ち込むくらいだったらしっかり分析して、「次はEじゃなくて良い判定取ってやるぞ!」くらいのつもりで努力してください。スタッフ一同応援しております!!!!

担任助手1年 白木