11月 | 2019 | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ 2019年11月の記事一覧

2019年 11月 30日 勉強、集団でするか?個人でするか?

こんにちは!

11月も本日で終わり。明日からは師走です。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

 

さて、今日は、タイトルにある通り

「勉強を集団でやるか、個人でやるか」

というテーマで書いていこうと思います。

 

結論から言うと、どっちもです!

 

勉強をする際は、

集団の場個人の時間

を使い分けていかなければいけません。

 

集団としてのメリットは、他の生徒から良い刺激をもらえることです。

隣の席の人がガリガリやっていたら、自分もやるぞ、という気分になりますよね。

また、質問をし合うことも非常に有意義です。

他人に何かを教える、という行為は、自分の知識を固めることに繋がります。

 

ただ、集団の場でだけで勉強をすすめるのも考えものです。

受験本番は完全に1人の世界。孤独な戦いです。

周りに友達がいないと本来の力が出せない、、。というのは言語道断です。

過去問を解くときなどは、本番に近い状況で(個人の時間として)取り組むべきです。

 

いかがでしょうか?

なんとなく最近勉強が進まないな、とか、成績が伸びないな、と感じているのなら、

この「集団の場」「個人の時間」

を意識してみてはいかがでしょうか。


2019年 11月 29日 センター試験対策どうしますか?

こんにちは!!

担任助手の杉本です。

 

もうすぐ12月ですね。高3生の皆さんはセンター試験本番を1月に控え、そろそろセンター試験を意識し始めるころではないでしょうか。

最後のセンター対策。どのように完成させるか想像できてますか。戦略はしっかり立てられていますか。

 

いつからセンター試験対策の比重を上げていくかなどしっかり考えてください!!

 

例えば、国立文系志望だった私はセンター試験で二次試験では使用しない倫理政治経済、物理基礎、化学基礎も受験しました。これらの科目は二次試験やその他の私大入試では使用しない科目なので冬休みに入るまではほとんど時間をかけませんでした。冬休みに入ってからは3科目をそれぞれ1時間ずつ時間を割き、特に倫理政治経済はギリギリの状態でしたが一通り頭に入れました。

二次試験の配点が圧倒的に高かったため、12月もできる限り二次試験対策に重点を置きたいと考えたため、このようにセンター試験でしか使わない科目は時間が取れる冬休みまでは手を付けていませんでした。やる時間がなかったと言うほうが正確かもしれません。

私が決めたこの計画は、上にも書いたように倫理政治経済がギリギリで本番も81点と目標に届かず、今振り返ると改善点も多々ありました。

 

センター試験対策、どうするか。いまからしっかり考えて戦略を立てないとあっという間に冬休みが来ます。自分に合った戦略をしっかり考えてください。困ったら一度経験をした担任助手にも是非聞いてみてください!

応援しています!

 

 

 

2019年 11月 26日 高3の冬からは

こんにちは。担任助手1年の羽生です。

いくつかの大学では推薦入試も始まっており、徐々に受験ムードになってきましたね!

 

さて、本日のブログは高3の方向けになります。

過去問も終わって、演習もたくさんやる時期。こういう状況の中、センターまで2ヶ月をきったというときに、何をやるか迷ってる人、実はいるんじゃないでしょうか。

 

この時期は、苦手を潰すことができるチャンスだと考えています。まだ過去問を解ききってから時間もそんなに経っていませんね。しっかり復習もしていれば、自分の苦手なところもわかっているはずです。

苦手分野を潰す際は、できるだけこれまでに使った教材を使用しましょう(過去に受けた受講テキストや、自分でまとめたノートなど)。この時期に新しい参考書に手をつけるのはやめていただきたいです。過去に使ったものを完璧にできずして、新しいものを完璧にすることなどできるでしょうか?

 

これまでは、「いつまでに何を終わらせろー」みたいな指示がよくあったと思いますが、高3の冬以降は、やることが1人1人の判断に任されます。自分の状況が把握できていない人はマズイです。過去に解いた過去問や模試を見返してみましょう。

 

高3の方は、あと3ヶ月程の辛抱です。長いか、短いかの感覚は人それぞれですが、第一志望合格という初心を忘れず、気の緩むことがないよう、もうしばらく努力を続けていきましょう。これからでも成績はいくらでも変わります。

2019年 11月 25日 試験の必需品!!

こんにちは!

1年の須藤です。

いよいよ冬本番ですね。体調を悪くしないように気を付けてくださいね!

 

ところで、もう間も無く12月になろうとしてますが、

12月のビッグイベント覚えてますか?!

そうです

「センター試験本番レベル模試」です!

1215日に行われ、吉祥寺校の方は早稲田大学で受験になります!

いよいよこれが、泣いても笑っても東進のセンター模試としてはラストになります、、、

絶対受験して本番で失敗しない様に備えましょう!!

今回はラストの模試ということで、私からのお願いがあります。

本番と同じように受けて下さい!

各問題の時間配分はもちろん、持ち物、ご飯を食べるタイミング、服装、使う筆記用具、疲れた時のお菓子、トイレのタイミング等

出来るだけ本番に近づけて欲しいです。

というのも、本番はどんな人でも緊張するからです。

だからこそ、本番と同じように練習をすることで緊張を和らげましょう!

 

なので今回は僕が試験の時、持っていたものを紹介して、

皆さんが本番に近づけやすくしていただけたらと思います!

 

✔持ち物リスト✔

・鉛筆(2B)×2

・消しゴム×2

・鉛筆削り

・テッシュ(袋から出したもの)

・時計×2 ←時計がないと試験はキツイです。万が一のために2つ!

・シャーペン×2

・シャーペンの芯

・カイロ

・チョコレート(一口で食べれるもの)

・飲み物

・マスク

・お気に入りの参考書 ←沢山は持ってこないのがポイント

・音楽プレーヤー ←休み時間に次の教科を勉強する際、集中するためです

 

思い出せるだけ書いてみましたが、どうでしたか?

ぜひ残り少ない時間を有効に使って、志望校に備えてくださいね!

応援してます!



2019年 11月 24日 リーダーとはなにか

こんにちは!

一週間ぶりの西澤です。

本日のテーマは「リーダーとはなにか」です。

 

皆さんはなにかでリーダーをしたことはありますか?

リーダーになるのが好き、得意な人も中にはいると思いますが、たぶん多くの人にとってリーダーって難しいです。

ちなみに僕は、高校時代に何度かしたことはありますが、リーダーをするのは苦手です。

一般にリーダーとは「皆の先頭に立ち、皆を取りまとめ、指揮する人」だと思います。

では、どうしたら、皆の先頭に立ち、皆を取りまとめ、指揮をすることが出来るのでしょうか。

それは、リーダーの指揮をする力とメンバーからのリーダーへの信頼の双方が欠かせません。

 

まずは指揮をする力についてです。

これは言わずもがな、誰よりも先を見据え、皆を取りまとめることが出来なければリーダーは務まりません。

しかし、「自分にはそんな力はない」と感じる人も多いと思います。

僕もその一人です。

では、ここで自戒も込めて、そのような人がどうすればいいのかを述べたいと思います。

それは、「リーダーという役になりきり、演じる」ということです。

もし身近にリーダー的存在がいたとしたら、その人はこの役が板についているということでしょう。

リーダーに実際になってみると、リーダーの役割を演じざるを得ません。

重要なのは、そこでいかに本気で演じることが出来るか、リーダーという役をやり切るか、です。

ここで自らの役割を全うできた人が「リーダー」となることが出来たといえます。

 

次に「メンバーからの信頼」です。

 

信頼とは築き上げることはとても難しいですが、壊れるのは一瞬です。

信頼が壊れる瞬間のほうがイメージしやすいと思います。

「指揮をする力」がとても強いのに、信頼されないのはどのような人でしょうか。

・メンバーに仕事を振り分けるが、自分の仕事はほとんどなく指示出しのみ

・メンバーの手柄をさも自分の手柄であるかのように内外に発表する

・メンバーにもわかるほど、明らかに方向性のおかしい指示を出す

…etc

 

こういった人は過去の実績がない限りは信用されません。では逆に見てみましょう

・ほかのメンバー同様に仕事をする

・メンバーの実績を讃え、メンバーを立てることが出来る

・方向性をしっかりと理解し、的確な指示が出せる

 

…簡単なように見えてとても難しいと思います。

僕が思う、リーダーとして皆に信用されるために必要なことは

「誰よりも問題意識を持ち、努力し、行動する。」

事だと思います。

このような姿についてきてくれる人は少なからずいます。当然ですが、ついてきてくれる人は大事にしましょう。

もしかしたら、1人だけかもしれません。しかし、その人は次のリーダーであることは間違いないでしょう。

1人に信頼され、次のリーダーを育て上げることが出来たのであれば、長期的な視点に立ってみるとそれは成功といえると思います。

 

さて、リーダーたる条件を述べてきましたが、最後にリーダーになるメリットを一つ提示したいと思います。

それは、「リーダーになることで誰よりも努力することができる」ということです。

リーダーになった際に、皆さんは自分を「リーダー」として認識すると思います。

その認識こそが、皆さんをリーダーたらしめるのです。

 

よくわからないという人のために補足すると、人は肩書きによって行動が変わることがあります。

リーダーなどの役職をやったことがある人はおそらく身に覚えがあると思いますが、

「中学生になったら、小学校の頃より勉強に時間を割くようになった」

「弟、妹が生まれて、わがままを言わなく(言えなく)なった」

などなど、ほかにも身近なところで、肩書の変化による行動の変化はあったと思います。

ぜひ、「リーダー」という肩書きを身につけてみて下さい。

それによって皆さんの行動が変わり、ただのメンバーでは見られなかった景色を見て、得られなかった経験をすることになるでしょう。

それは今の皆さんの素質は関係ありません。

少しずつでもいいので、人の先頭に立つ経験を増やしていってほしいというのが僕の願いです。