ブログ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ 

2018年 10月 18日 担任助手になって良かったこと

こんにちは!センターまで100日を切って、全国統一高校生テストまでは残るところあと10日となりました。

受験生のみなさんは焦っている人も多いと思いますが、少しの時間も惜しまず、本番までやりきりましょう!

さて、突然ですが、今日は私が担任助手になって、実際どうなのかという話をします。けっこう皆さんの中にも担任助手ってなにやってんだろう?って思っている人は多いと思います。

私の生徒時代の担任助手の印象は、「なんだかよくわからないけど受付内でパソコンかたかたしてるなー」とか、「グループミーティングやってる人」みたいな、漠然とした感じでした。

実際にやってみると、思ったよりも大変です。生徒のときには思っても見なかった仕事がたくさんあります。

でもその分、身につくものも多いと感じました。

コミュニケーション能力、事務処理能力、先を見通す力、協調性、仕事の意義を考える力、etc…   (自分にこの力があるというわけではないですが、鍛えられるなと思います!笑)

コミュニケーション能力で言えば、今は受付で生徒と話してるとうるさいとか言われますが、私はもともとけっこう人見知りするんですよ笑

東進の仕事をする中で、少しはマシになったかなって思ってます笑

あと、なにより、東進で一緒に働いている人たちは尊敬できるところがすごく多いです。

私はまだ半年間くらいしか担任助手をやっていないので、まだまだですが、先輩方を見ていると本当にすごいなと思います。

尊敬できる人たちが身近にいると、刺激になるし、自分も頑張ろうと思えます。

担任助手は、みんな受験勉強を本気でやって乗り越えてきた人たちです。しかも担任助手は全員みんなを合格させようと本気で頑張っています。

そんな風に本気で仕事をすることは大変だけどやりがいを感じます。

今は受験勉強で精一杯だという人も多いかもしれませんが、勉強を本気で頑張っている人や、担任助手に興味がある人!

1021日㈰ 18:00~18:45

担任助手説明会

勉強の合間に参加してみて下さい!!

2018年 10月 17日 目を背けたら負けだよ…!

こんにちは!担任助手の青島です。

センター試験までの日数が二桁になりましたね…

学力POSを開くたびに冷や汗が出たことを思い出します。

 

受験勉強も佳境に入り、高3の皆さんは時間に追われることが多くなったのではないでしょうか。

心に余裕がない状況において、人は心が少しでも安らぐように行動します。

受験生の場合、それは得意科目を演習すること。

自分が得意な科目はスイスイ演習が進み、模試でも満足な結果が得られやすいため勉強していて楽しいと思います。

得意科目で他と圧倒的な差をつけるために更なる磨きをかけるのも戦略の一つだと思います。

 

しかしながら、校舎で生徒の皆さんの勉強を覗いてみると、ほとんどの人に共通の傾向がみられました。

皆さん苦手科目(特にセンター試験での副科目)から目を背けまくりです。

確かにその気持ちは痛いほどわかります。

でも国公立受験者は嫌でもセンター試験で結果を出さなくてはなりません。

いくら苦手でも93日後には解かなければならんのです。

時間がないなら絞り出す!一日の中に使える時間が本当にないのか、もう一度見直しましょう。

 

得意科目をやるなといっているわけではありません。

苦手や副科目から逃げ、ただ漫然とこなすことだけは避けましょう。

本番までのカウントダウンが進み精神的にもきつくなってくると思います。

自分を強くもち闘い抜きましょう。

 

2018年 10月 16日 受験前説明会

全国統一高校生テストに参加される在校生ではない方々、受験前説明会のお申込みはお済みでしょうか。

東進ハイスクール吉祥寺校では受験前説明会を実施しています。

受験前説明会では、受験上の注意の説明・受験票の配布・担任助手からの話・昨今の受験業界の流れと内容は多岐に渡ります。

ただ一貫して一つのことをお伝えしていく予定です。

それはなぜこの時期にこの模試を受けるのかを考えてもらうことです。

これを考えて試験にのぞむかでは、結果が大きく変わると思います。

まだお申込みがお済みでない方は、校舎にご連絡ください!

日時は以下のとおりです。

高校2年生:10月17日(水)19:30-

        10月25日(木)19:30-

      10月27日(土)19:30-

高校1年生:10月26日(金)19:30-

      10月27日(土)17:30-

 

 

2018年 10月 15日 振り返ってみて

 

こんばんは!

まえブログを書いた時も寒いとか文句言ってたような気がする今井です笑

 

10月も半ばを過ぎましたね
みなさんはちょうど学祭も終わった頃だと思いますが、大学の学祭って実はこれからなんですね!
明大祭も11月の頭にあります!早稲田上智も同じくらいでしょうか。慶應の三田祭は11月末にあります!

大学は、高校みたいにクラス単位で出し物とかしないのですが、なぜかわたしのクラスはクラスでエントリーしてしまって、準備に追われている毎日です、、笑

 

さて、今日は去年のわたしの話でもしようかと思います。

わたしは現在明治大学に通っています。
わたしはもともと国公立大学を志望していたのですが、去年のこの時期にまわりの影響もあったり、自分への自信のなさから、志望校を私立文系に変えました。

でも、今思うと、それは正しい選択だったのか、と思うとイエスと言えない気がします。

 

高1から、今まで続けていた数学やセンター科目など、それをきって3科目で戦うことの利点はあるのか。
そこを今まで目指していたのに、諦めていいのか。

 

夏休みも終わって、冬季の受講が終わったあとは、志望校対策をする時間が大半を占めると思います。
だからこそ、そこでまわりと比べて自己をあまり肯定できなかったり、自信がなくなったりすることもあると思います。

でも、確実に言えることは、ここで諦めてしまうのはもったいない、ということです。
どうして、そこにいきたいのか。
それは自分の将来の夢を叶えるためや、志望校への思いが強いから、などいろいろあるでしょう。
正直理由なんて、辛い時に自分を納得させるためにあればよいのです。

 

不安になっても
自分がこれまでしてきたこと、夏休みに努力してきたことを振り返って、自己を肯定してください。

そして、毎日家に帰ったら今日はこれとこれができるようになった!とはっきりと言えるような、勉強をしてください。

 

受験が終わるまで、自分が目指してきた天井は下げずに、走り続けて欲しいです。
自分の目指す天井が高いほど、実際に出せるパフォーマンスも高くなるのは間違いがないです!

 

不安になる時期だと思いますが
今一度志望校について考えてみて、自分を肯定して自信を持って前に進んでいって欲しいなと思います!
周りは自分が気にしているほど、自分のことを気にしていません。
自分の受験なのだから、周りは意識しすぎずに、うまく刺激し合えるのがいいんじゃないかな、と思います!

 

わたしたちは最後までみなさんの受験の応援をしています!!
今月はオープン模試も始まるかと思いますが、めげずに、辛くなったらいつでも話しかけにきてくださいね!
私も苦しんだ受験生経験者なので、何か力になることはできたらいいなと思っています!

 

それでは、健闘を祈っております!

受験生、ファイト!!!

 

2018年 10月 14日 どんな節約家でも毎日少なくとも1万2千円を支払って生きています。

 

みなさんこんにちは!井上です。

タイトルだけみるとなんの話かさっぱりだと思います。今日のテーマはずばり、「時間の有効活用」についてです!

さて、私ごとですが、ここ二ヶ月近くいろいろなことが重なって、自分のしたいように時間をつかうことが全然できない状況になっております。

そのような中で生活するうちに、次第に

自分が自由に使うことができる時間がどれくらいありがたいものだったのかを痛感し、

時間は大切にしたほうがいいと心から思うようになりました。(当たり前のことのようですが、、、)

なので、今回は「時間のありがたみ」と「ありがたい時間をどう使うか」について考えていきたいと思います。少し長いですが、お付き合いいただけると幸いです。

さて、まず「時間のありがたみ」について、時間を金銭的価値に置き換えて考えてみます。

1、私たちは毎日を「買っている」

最初に私たちが1日のうちで使える、睡眠や食事等生存する上で必要不可欠な時間をのぞいた時間(以下自由な時間と称します)をどれくらい持っているのかを考えてみましょう。

OECDが行った調査から、日本人の平均睡眠時間は約7時間30分(450分)、食事にかける時間がおよそ2時間(120分)であることを踏まえ、その他入浴等かかせない生活のためにかける時間を2時間(120分)とします。これらを差し引いて、私たちが使える自由な時間はだいたい12.5時間(750分)であると仮定できます。

次に、これをもとに私たちの1日を金銭的価値に換算してみます。

2018年10月14日現在、東京都の時給あたりの最低賃金は985円ですから、自由な時間を全て最低賃金の労働に使った場合、高校生以上であれば私たちは1日あたり少なくとも12312.5円稼ぐことができます。

このことから「私たちの1日あたりの自由な時間は12312.5円」換言すると、「私たちは毎日12312.5円支払って、自由な時間を買っている」と考えることができます。

(これがタイトルの「どんな節約家でも毎日少なくとも1万2千円を支払って生きています。」の意味するところです。)

「時は金なり」といいますが、バカにできないお金をかけて私たちは日々を買っているのですね。。。

それではこのように考えた時、私たちはそのお金で買った時間を有効に利用することができているのでしょうか?

2、12000円で買った毎日の元を取るために

クーポンだなんだで10円100円を節約しようと奮闘している方も多い中、1日なんとなく過ごしただけで12000円も持って行かれていると考えると、あまりにももったいなくはないですか、、、

せっかく毎日12000円ちかく払って自由な時間を買っているのですから、1時間1分1秒を大切に!無駄なく生きていきたい!

そのためにはどう過ごすのがよいのか。私なりの考えを以下に記させていただきます。

(1)楽しむときは徹底的に楽しむ。

自分が好きなことはもちろんです。ここでお伝えしたいのは、人付き合いやその他避けがたい理由から「状況としては楽しむことができるのにイマイチ気が乗らず楽しめないこと」に取り組む時に、この考え方を用いてほしいということです。

自分が多少関心がないものや不慣れなものでも、新しい世界を開拓するチャレンジだと思って取り組むことで、楽しめることはきっと多いはずです。はじめから面白くないと決めてかからず、とりあえずやってみて本当に面白くないかどうか判断してみることをお勧めします。意外と面白かったということは私の短い人生上でも幾度となくありましたので、、、

(2)自分がいやでもやらなきゃいけないことをやるときは、必ず前向きな気持ちを作ってから取り組む。

置かれている境遇によって個人差はあると思いますが、「一見すると自分にメリットがないように見えるがやらねばならないこと」に取り組まねばならない場面に直面することがしばしばあります。こういう時には、この苦境を乗り越えることで、自分がどのように成長できるのか、これを乗り越えた先にどんないいことが待っているのか等、前向きになれそうなポイントを見つけて、それでもってプラスの気持ちで取り組むことが肝要であるように思われます。

「なんで自分がこんな目に」「他のやつはこんな思いしていないのに」と感じることもあるでしょうが、どうかその理不尽な状況に負けず、気持ちを強く持ってください。現状を受け入れ、今の自分は何をしたら事態が好転するかを考え、実行に移していくことで、自らをさらに強くすることができます

3、まとめ

上記2点を意識して日々を生きていくだけでも、12000円以上の価値を持つ1日を過ごすことができるようになっていくと思います。積極的に物事に取り組むことで、自分の世界が広がりますし、そのぶん成長も見込めるからです。

もしこれを読んでいる方で時間を大切にできていないとどこかで感じている方がいましたら、これを機に「12312.5円を支払うに値するかそれ以上の1日を過ごせるようにどうしたらいいか」を考えていただいて、より良い人生にしてもらえたらなと思います。