ブログ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ 

2019年 10月 15日 過去問の解き方について

こんにちは!!最近とても寒いですね….先週は半袖にサンダルで大学へ通っていたのに、今日は完全に冬着でした(笑)

さて今回は「過去問の解き方」について伝えようと思います!!

しかし!!!注意点があります。

それは

あくまでも1つの例に過ぎないので、すべてを参考にしないでもらって結構です!過去問の解き方なんて人それぞれ違って当然ですし、正解もないと思います。

ですが逆に、絶対に正しくないといえる過去問の取り組み方ならあります。

・第1志望校を10年分以上やらないこと

・丸付けして満足(復習しない)

この2つです。これだけは絶対にやめてください。時間の無駄です。

これからオススメする過去問のやり方というのは、復習の仕方についてです!!

よくこんな人がいます。

「過去問復習ノートを作って、それを使って復習する」

という人です。

時間がかかるしやっていられません。

そこでオススメするやり方として

「問題の余白」になぜ間違えたか等を書いて復習をすることです。こうすることで実際に間違えた問題とじっくり向き合うことができますし、時間の短縮にもなります!

さらに問題冊子の表紙に問題全体の感想や点数を書いておくといいです!!

そして解いた過去問はファイルか何かに保存していつでも振り返られるようにしましょう!!2周目を解いた後に初めて解いた際の問題冊子があるとより問題分析が深まります!(同じ間違い方をしているなどよくあります)

今紹介したやり方で過去問に取り組んだ結果、弱点が明確になり、直前期に本当に必要な力・知識を的確に補強することが出来ました!!

先程解き方に正解はないと言いましたが、もしよかったら参考にしてみて下さい!!

注意事項

過去問は赤本を直接やるのではなく、印刷しているのが前提です。



 

 

 

 

2019年 10月 14日 過去問を解く際の注意点3ヶ条

こんにちは、加藤です!

気がつけば、一気に寒くなりもう秋ですね。

そして、過去問の時期にもなりましたね!!!

受験生の皆さん方はそろそろ第一志望の過去問に手をつけ始めた頃だろうと思います。

 

今日は私から過去問を解くときに気をつけて欲しいことを伝えたいと思います。

1.本番と同じような環境にして解く

過去問を解くとき机の上は参考書でぐちゃぐちゃ。

こんな状態で過去問を解いていませんか?

本番あなたを支えてくれるのは手に持っている筆記具と消しゴムだけです。

本番もしくは模試のような環境を作って解くことは、本当に微弱ではありますが当日のメンタル維持に役立ちます。

また、時計をセットすることで時間をみる習慣も一緒に身につきます!!

やって損なし、気をつけてみて下さい!

2.時間をはかる

大門ごとに何分かかったのか。

これはその日の自分の調子を図るパロメーターになります!

また、解く時間が減ったことで、実力が上がったことがよく分かります。

二次試験ではありませんが私の場合、センターの漢文が15分→8分になりました。

自分の実力や調子を知る一つの視点として是非使ってみてください!

3.凹まない

このテストは本番ではありません。

だからどんなに点数が低くてもいいのです!!

もちろん、こうやって割り切ることは簡単ではないでしょう。

しかし、今の自分の実力を見つめ、足りないところを分析し、点を上げようと演習する強さこそ合格を後押ししてくれます!!

もし点数が低かったら、どうか1歩踏ん張ってみて下さい。

良い点数よりも、そこからの努力があなたを合格に近づけます!!

 

さて、ここまで3つの注意点をあげましたが如何だったでしょうか!

「自分の分析にイマイチ自信が持てない」「さらに効率を上げる勉強方法を一緒に考えて欲しい」等々ありましたら是非担任助手に話しかけて下さい!!

 

 

2019年 10月 13日 現高校1年生へ

こんにちは、今日は

高校1年生にむけて書きたいと思います。

 

夏休みも終わり、2学期の生活に慣れてきたことだと思います。

だがしかし、僕はこの時期に勉強できるかどうかが

受験学年での勉強の次に合否を左右すると言っても過言ではないと思っています。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜか。。

 

それは、どの高校生も

この時期から勉強量が減るから

なんです。

 

高2の冬になればたいていの受験生は

勉強を開始します。

 

そしてそのほとんどの受験生は

「夏休みにやるっしょ」

と言ってこの時期やらず、結局夏にもさぼってしまいます。

 

人間そういうものですよね

高1の今の時期に継続的に勉強できない人は

高2になってからもやるわけがありません。

単語や、簡単な計算からで良いです。

今から継続的にやっていくべし!!!

 

ここで告知をさせて頂きます!!

来月10月27日(日)に🔥全国統一高校生テスト🔥があります!!

高校3年生は志望校など決めるのにもってこいのテストです!!自分の現状の成績をしっかりと把握してそこから万全の対策を立てられるようにしましょう!!

高校2年生以下は今回、再来年から始まる新テスト形式4技能試験の模試となっています!!さらに10月30日には特別公開授業というイベントがあり、この新テスト形式の問題を普段は映像でしか見られない東進の超有名講師の方に生授業で解説して頂きます!!世間一般ではまだ対策方法が確立されていないテスト形式です!!

今回の全国統一高校生テストの解説授業をしていただくのは東進英語科の誇る超有名講師、渡辺勝彦先生です!!

その明快な口調テンポの良い楽しい授業で皆さんの勉強モチベーションを一気に引きあげます!!基礎英語から早慶大英語などどのレベルにも共通する英語の王道を指導、勉強は楽しくやるものと銘打ち、受験生心理にとことん踏み込んで成績の上がる極意を伝授します!!

自らの経験を元に多くの生徒を志望校に逆転合格へと導いてきた名講師の授業を君も受けよう!!

お申し込みお待ちしております!!

お申し込みは下の画像をクリック!!↓↓↓

2019年 10月 12日 歴史、これからどうすればいい?

みなさんこんにちは!担任助手1年の羽生です。最近太ってしまい、体が重くて動かすのがつらいです。どうでもいいですね!

 

今日は歴史の勉強法について書いていこうと思います!対象者はごく限られますが、参考にしていただければと思ってます。(あ、ちなみに僕は世界史選択でした。)

 

もう10月というのもあり、特に受験学年は歴史の勉強に比重がかかってくる時期ですね。低学年で読んでいる方もいるので、歴史はどういう科目かを簡単に説明します!

①とにかく暗記量が膨大

これは誰もが分かっていることだと思います。人物名や地名、年号のみならず、出来事と出来事の因果関係だったり、事件の内容だったりも覚える必要があります!

②直前まで伸びる

保障はできませんが、英語や数学に比べ、直前期の詰め込みが効きやすい科目ではあります。

③(国公立では)大きく差をつけるものではない

東大や一橋大などでは、地歴科目の配点は英数に比べて低く設定されています。そのため、歴史だけで周りよりいい点を取って合格しようという作戦は危険です。

 

さて、ここからは上記のことを嫌というほど理解しているという前提で、受験学年の人に向けて問います。

効率的に歴史の学習ができていますか?

歴史って1周するだけでもかなり負担ですよね。でも正直なところ、1周に時間をかけすぎるのはあまりオススメしません。なぜなら、次やるときに忘れてしまうから。一部のわかりにくい部分を完璧に理解するまでやって、他のところを忘れてしまえば意味がありません。世界史であれば、1日3時間くらいの勉強で最短2週間くらいで終わらせられると思います。

別に雑にやれと言っているわけではありません。ただ、受験が近づくにつれてやることは増えていきます。この時期に極端に完璧を求めるのは無謀です。他の科目にも言えることですが、取捨選択の能力もこの時期から徐々に身につけてください。

また、歴史の科目でも、何を重点的に問うてくるかは大学によって様々です。それを理解するためにも、センターや志望校の過去問は、歴史もしっかり解いてください!僕はセンターと東大の過去問で把握したことを踏まえ、出来事がいつ起きたか、そしてその原因と内容を特に注視しながらインプットの作業を進めていました。歴史は、分かったつもりでいても意外と問題は解けないってことがすごく多いです。その意味でも過去問は積極的に解くべきだと思いますね!

そういえば文化史も勉強する必要がありましたね。これに関しては僕も相当苦手でした(笑)。文化史は本当にただの暗記が中心で、つながりとか流れがほとんどないんですよね。しかも意外と量も多いんですよ。今まで文化史を全くやってきていなかったという人は、この時期から触れた方がいいかもしれません。

 

長くなりましたが、あくまでここに書いたことは参考程度にして、できれば自分に最適な方法で勉強してもらいたいです。他の科目との時間や負担のバランスも考えながら、より一層深みのある歴史の勉強をしていってください。

 

 

 

ここで告知をさせて頂きます!!

来月10月27日(日)に🔥全国統一高校生テスト🔥があります!!

高校3年生は志望校など決めるのにもってこいのテストです!!自分の現状の成績をしっかりと把握してそこから万全の対策を立てられるようにしましょう!!

 

高校2年生以下は今回、再来年から始まる新テスト形式4技能試験の模試となっています!!さらに10月30日には特別公開授業というイベントがあり、この新テスト形式の問題を普段は映像でしか見られない東進の超有名講師の方に生授業で解説して頂きます!!世間一般ではまだ対策方法が確立されていないテスト形式です!!

今回の全国統一高校生テストの解説授業をしていただくのは東進英語科の誇る超有名講師、渡辺勝彦先生です!!

その明快な口調テンポの良い楽しい授業で皆さんの勉強モチベーションを一気に引きあげます!!基礎英語から早慶大英語などどのレベルにも共通する英語の王道を指導、勉強は楽しくやるものと銘打ち、受験生心理にとことん踏み込んで成績の上がる極意を伝授します!!

自らの経験を元に多くの生徒を志望校に逆転合格へと導いてきた名講師の授業を君も受けよう!!

お申し込みお待ちしております!!

お申し込みは下の画像をクリック!!↓↓↓

 




 

 

2019年 10月 10日 過去問を解くにあたって

みなさん、過去問演習は順調ですか?

今日のブログでは、過去問を解くに当たって、個人的に気にしてほしいことについて書きたいと思います。

主に次の2つを気にしてほしいです!

①過去問のスケジュール

②過去問の分析

樋口は慶應経済に受かることができましたが、その大きな理由は②の過去問の分析です。

また、慶應経済には受かったものの、慶應商、早稲田商に落ちた原因は①を怠ったためだと考えています。

だからこそ、①にも②にも気をつけて過去問の演習を行ってもらいたいと考えています!

では、①と②について詳しく書きたいと思います。

 

 

①「過去問のスケジュール」

過去問はまず、第1志望を10年分×2周することが大前提です。

そしてさらに、第2志望、第3志望やその他すべり止めのつもりの大学も対策しないといけません。

 

12月にセンター対策にうつる

11月には第1志望以外の対策をしないと

10月には第1志望の1周目を終わらす。

 

などといったように、それぞれ自分の受験パターンに合わせて逆算して過去問のスケジュールを決めていきましょう。

次の勝利の方程式を参考にして、計画を練ってみてください。

 

 

私は第1志望を終わらせるのが遅すぎたため、早稲田商と慶應商の対策を2.3年しかすることができませんでした。

しかし、第1志望以外の過去問を始めるのが遅く、過去問演習量が少ないと、過去問の分析に基づいて勉強する時間も足りなくなってしまいます。

実力があったとしてもその大学に合わせた勉強をしなくては、落ちる可能性が非常に高いです(特に早慶は問題のクセが強いため)。

なので、きちんと第1志望以外の対策をする時間もきちんと考えて計画をたてましょう!!

 

 

②「過去問の分析」

樋口が推したいのが、過去問分析シート!!

これがあったから慶應経済受かれたし、これがなかったらぜったいに落ちてました。

もともとセンターでは点数は取れる方でしたが、実際に始めて第1志望である慶應経済の過去問を解いたときは、すっごいひどい点数でした。

では、どうやって合格点まで持っていけたのか?

それは、過去問の分析をしっかりと行い、その分析に基づいて勉強をし、また過去問を解く、ということを繰り返した結果だと思っています。

自分の過去問演習の流れを説明します。

 

1.過去問を解く。

当たり前ですね。

 

2.丸つけをする。

まあ当たり前ですね。

 

3.問題の分析をする。

たとえば

慶應経済の世界史は、

・論述が半分くらいあるな、とか、

・できごとを年号順に並べ換える問題が多いな

 ↓

 年号を今までよりも意識して勉強しよう。

 

あるいは、

英語は和文英訳が出るな。

色んな表現を覚えよう。

じゃあ自分の持ってる中で何を使って覚えようか。

 

などという風に、

次に過去問を解くまでにできることや、日頃の勉強で意識すべきこと

自分が具体的にどういう行動をとればいいのか

というところまで考えて、すぐに自分の勉強に反映できるようにするべきです。

そして、次の4番目が1番大事です。

 

4.自分の解答を分析する。

自分が何で点数を落としているかを分析しましょう!!!!

特に、実力はあるはずだしなんでか点数が取れないって人はここを怠っている場合があります。

私は過去問分析シートを使い、大問ごと分析のところで、自分のミスについて分析をしていました。

 

たとえばこんな感じ。

(世界史の場合)

前回過去問解いてからめちゃくちゃ勉強してたくさん暗記したなあ。

あれ、でも全然点数伸びてない。なんでだ?

自分の答案の分析をしてみると……

・記号問題→9割

・論述問題→2割

てことはこれからたくさん知識つけても意味ない。

論述にこたえられるように、流れを自分で説明できるような勉強をしなきゃいけないんだ。

といったように、自分の勉強方法を変えることで、点数をのばすことに成功しました。

 

(英語の場合)

樋口はあるとき、慶應経済の英語を解いて長文で12問も間違えました。(ほんとは2.3問におさえたい)

では、なんで間違えてしまったのでしょうか?

12問中、

❶設問に関する文章や設問の英単語、イディオムでわからないものがあった。→3問/12問

❷設問の答えとなる文章が複雑すぎてわからなかった。→8問/12問

❸文章の論理展開、全体の流れが把握できていなかった。→1問/12問

 

このとき、英単語が難しかったから点数が低かったなと思って難しい単語帳を全力でやったところで、大して点数は伸びません。

それは自分の分析に基づいた勉強をした気になっているだけです。

それよりも、この場合は難しくて複雑な文章に慣れる練習をしたほうが圧倒的に点数は伸びます。

 

自分の点数の取り方などに対し、「なんで?」と疑問をもち続け、曖昧な分析のままにしないことが大事です。

自己満足な分析で終わらせず、しっかりと深いところまで分析するようにしましょう。

分析がきちんとできたら、こちらも3番の「問題の分析」のあと同様、

具体的にどんな行動をとるか、というところまで考えましょう。

 

以上、樋口が個人的に過去問を解くにあたって伝えたいことでした。

いかがだったでしょうか。

 

でも結局第1志望に受かればいいし第1志望だけやればよくない?と思った方いませんか?

 

それじゃだめなんです。

 

大学受験本番、あるいはセンターの本番、たまたま体調が悪いだとか、コンディションが悪いこと、または普段しないような大きなミスをしてしまうことだってあります。

 

そんなときに、第1志望以外の対策もきちんとできていないと、不完全な状態でほかの大学に臨んでしまうことになります。

また、第1志望の受験日に他大学の合格が出ているかどうかも結構その日のコンディションを左右します。

 

第1志望以外どこも対策してなかった…なんてことにならないようにしましょう。

 

けれど、やはり第1志望の対策をきちんとすることが一番大事です!!!!

 

本番にきちんと実力を出すためにも、第1志望の対策も、そのほかの大学の対策も全力でやりきってください!!

 

ここで告知をさせて頂きます!!

来月10月27日(日)に🔥全国統一高校生テスト🔥があります!!

高校3年生は志望校など決めるのにもってこいのテストです!!自分の現状の成績をしっかりと把握してそこから万全の対策を立てられるようにしましょう!!

 

高校2年生以下は今回、再来年から始まる新テスト形式4技能試験の模試となっています!!さらに10月30日には特別公開授業というイベントがあり、この新テスト形式の問題を普段は映像でしか見られない東進の超有名講師の方に生授業で解説して頂きます!!世間一般ではまだ対策方法が確立されていないテスト形式です!!

今回の全国統一高校生テストの解説授業をしていただくのは東進英語科の誇る超有名講師、渡辺勝彦先生です!!

その明快な口調テンポの良い楽しい授業で皆さんの勉強モチベーションを一気に引きあげます!!基礎英語から早慶大英語などどのレベルにも共通する英語の王道を指導、勉強は楽しくやるものと銘打ち、受験生心理にとことん踏み込んで成績の上がる極意を伝授します!!

自らの経験を元に多くの生徒を志望校に逆転合格へと導いてきた名講師の授業を君も受けよう!!

お申し込みお待ちしております!!

お申し込みは下の画像をクリック!!↓↓↓