「夢」と「志」の違い | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 12月 24日 「夢」と「志」の違い

こんにちは!最近寒さにもなれてきた櫻井です。

今月下旬のテーマは「将来の夢」ですね!

僕の夢を語ろうかなとも思ったのですが、趣向を少し変えて、

「夢」と「志」の違いについて(完全に僕の主観で)書いていこうかなと思います。

 

「夢」「志」。似ているようで、実は全く違うものなんです。

 

「夢」を持ったこと、皆さんはありますか? 

「医者になりたい」「研究者になりたい」「サッカー選手になりたい」などなど、、、

世の中には様々な「夢」があります。実際、「夢」だけであれば、持っている人はとても多いはずです。

 

では、「志」だとどうでしょうか。

まだまだピンとこないですよね。

では実際に、上記の三種類の「夢」を「志」にしてみましょう。

 

「医者になりたい」→「必死で勉強をして、◯◯医大に入学し、医師免許を取る。〇〇病院で経験を積み、独立して開業し、世の中の様々な人を助ける」

「研究者になりたい」→「〇〇大学に入学し、◯◯教授のもとで学ぶ。〇〇大学院を経て研究者となり、より効率的に砂漠で水を確保できる技術を研究する」

「サッカー選手になりたい」→「サッカーが強い〇〇大学に入学し、練習を積み、レギュラーを獲る。スカウトの目に留まるよなプレーをし、入団する」

 

こんな感じです!どうですか?

 

もう察している人もいるかもしれませんが、

つまるところ、「志」とは、「具体的な夢」です!

 

〇〇になりたい。と思うだけでは、ただの夢のままです。そのままだと本当に夢のまま終わってしまいかねません。

〇〇をして、◯◯になり、◯◯をしたい。と具体的に考えることで、それに対して今からどのようなアプローチを行えばよいかを考えることができます。

 

 

「夢は描くもの、志は貫くもの。」

 

担任助手の木村先生の言葉です。まさにその通りですね。かっこいい。

 

皆さんの素敵な「夢」を、ぜひ「志」に昇華させられるようにしましょうね!

 

次回は渡邉先生です!お楽しみに!