〜自分に酔って〜 メンタル理論 | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2021年 9月 21日 〜自分に酔って〜 メンタル理論

こんにちは!!担任助手1年の尾関です!

夏休みも終盤ですね。宿題が終わっていない人は今すぐやりましょう!

いきなりですが自分は受験というものはある意味メンタルゲームだと考えています。合格ラインギリギリの人が受かるか受からないかというのはメンタル的な面が大きく関係します。皆さんも少しは分かるのではないでしょうか?

実力が低いチームが実力が高いチームに勝つことをジャイアントキリングと言いますね。(優勝候補のチームが名の知れない高校に負けてしまったりすることです。)なぜそのようなことが起こるのでしょうか。それは、その場の空気感やその時のチームや自分の状態に左右されるからです。スポーツのトーナメント戦でよく起こるります。それは負けたら終わりという条件がつくからです。受験も全く同じです。いくら模試でA判定を取っていたって本番で名前を書き忘れてしまったら終わりです。受験は一発勝負なのです。

ここまでは序論です。今回は長くなります。お付き合いください。

皆さんは受験本番だけがメンタルゲームだと考えているかも知れませんが、実際普段の勉強からメンタルは影響しています。受験勉強においてメンタルというのはすごい大切です。例えば模試でE判定しかない時に落ち込んでしまって諦めてしまうか、一層やる気を出せるか。問題が解けない時に感情的になってしまうか、素直になぜとけなかったのか分析できるか。(自分は問題が解けないと感情的になり、他の人に当たってしまいがちでした。今ではその時間はとてももったいなかったし、周りに迷惑をかけてしまったと反省しています。)受験において気持ちの持ち方というのは非常に重要です。

ちょっと話が転々としていますが、最後に勉強が辛くなった時に元気を出す方法を紹介します。

それは自分に酔うということです。自分のしたことを振り返って、『今日自分は12時間も勉強したなんてどんなにかっこいいんだろう!』や『今日3コマも受講できたなんてえらい!』と思ってみてください。他人にこんなことを言ったら惹かれると思うので、自分の心の中で思ってみてください。人間は肯定されたい生き物ですから、自信が付き、勉強も辛く感じなくなるはずです。とにかく自分に酔って自分を褒めてあげてください。あなたの心は楽になるはずです!(ただ勉強をサボるのは違いますよ)

受験はメンタルの強さというものがかなり合否に関係すると考えています。受験勉強を通してメンタルを鍛えていきましょう!

また、メンタル面をサポートするのは僕たちの仕事です。ぜひ、気軽に話しかけてください!

担任助手1年 尾関

 

 

過去の記事