まだ「模試」でいられる高2以下へ | 東進ハイスクール 吉祥寺校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2022年 1月 12日 まだ「模試」でいられる高2以下へ

こんにちは!今回は、同日体験模試を受ける高校2年生以下の皆さんにお話ししようと思います。

皆さんの先輩は、ついに来週、共通テスト本番を迎えます。

最後の最後まで練習問題を解き、過去問をやりこみ、暗記をし…。

現高3は、そんな感じです。

皆さんはどうですか?

まだ高1だから…高2だけどまだ受験勉強始めたばっかで点数とれないし諦めます…

そんな声が聞こえてきそうですね。

そんな気持ちは、あってもいいんです。

ただ、それと同時に「でもMAXは出し切ろう」と思ってくれさえすれば。

満点は取れないかもしれない、でも自分の出せるベストは出し尽くすこと。

 

模試の意義って何でしょう。なぜ模試を受けるんでしょう。

実力をはかるため!第一にこれが思いつきますね。

私は、そうではないと思っています。

私にとって模試は、「勉強の一つの区切り」でした。

例えば、「次の模試までに、生物の遺伝子分野だけは完璧にしていくぞ!」「数学、数列分野はしっかり解けるように勉強しよう」などなど…。

こうすることで、「模試を受けたのに何も残らなかった…」がまず防げます。

 

そして最も重要なこと。それは復習です。

言うまでもありませんが、模試の存在意義は、復習をしないと半減します。

少なくとも私は、そういう覚悟で臨んでいました。

 

高3じゃないから、今度の同日は模試だから?

確かに。でも、受験勉強にとって重要なターニングポイントであることも確か。

 

之も降るほど寒い1月ですが、一緒に駆け抜けましょう!

 

中村