もし受験勉強が不安で、何かをするのを迷っている人がいたら | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 11月 28日 もし受験勉強が不安で、何かをするのを迷っている人がいたら

【こんな人にオススメのブログ】

忙しくて受験勉強をしなくてはいけないのはわかっているけれど、学校生活や習い事も辞めたくない。

でも、時間は限られているし、後悔したくない!どうしよう!と思っている人に読んでいただきたいです。

私の経験や考えを書いていきます!(高1、2年生向けかもしれません)

 

 

だんだんと寒くなってきましたが、紅葉が綺麗な時期になってきましたね!

私は今週の月曜に紅葉を楽しんできました。

 

 

さて、今月もあと3日となりました。

11月はスタッフの受験勉強を振り返ってというテーマでブログを書いてきました。

活用して欲しい受験成功法や、後悔から皆さんに繋げて欲しい改善法など、たくさんのブログがあるので、ぜひ読んでみてください。

 

 

私の受験勉強を振り返ってみると。。。

とにかく時間がなかった

という思い出です。

 

なぜなら、受験勉強だけでも忙しいのに、

受験勉強・部活・週一で首都大

と3つのことを頑張っていたからです。

 

しかし、とにかく時間がなかった中で、私は思いっきり高校生活を楽しんだと胸を張って言えます。

(学校も受験勉強もという意味で!)

その理由を、受験生活を振り返りながら書いていきます。

 

 

❶高校生活

私の高校は大半の人がエレベーター式で大学に行く人が多く、その中で理系となると50名以下しかいませんでした。

その中で、部長になる選択はかなりリスクでやるかどうか迷っていました。

散々考えた末に、吹奏楽部の部長になることを決めました。

少し自慢をすると、合唱会ではクラスの指揮者を行なっていたり、体育祭のTシャツの字を書いたり(大した自慢じゃないですが笑)と

受験勉強があるから諦めてしまう人が多いことを多くやりました。

そのせいで、時間が本当になかったのですが、私は部長をやったり、他にも色々やって。。。

高校生活に全力を注ぐことができたことに後悔はないです。

 

今、もし受験勉強が不安で、何かを挑戦するのを迷っている人がいたら

その経験は高校でしかできないものか、

それは、受験勉強では身につけられないことなのか、

どんな結果になって後悔はないか、

考えてみてください。

受験勉強は、どれだけ時間を無駄に使わず効率よく勉強するかです。

どんなに忙しくても合格する人はします。

高校生活も受験勉強も全力で行えたらよくないですか?

受験勉強を理由に諦めていることがあったら、ぜひ上のことを考えて

覚悟を決めて挑戦してみてほしいです!

 

 

❷東進で考えたこと

私が勉強に力を入れ始めたきっかけは、高2の10月、

宮前合宿という深夜通してディスカッションをしまくる、今はないイベントに参加したことでした。

この中で、将来について明確になり、周りの考えの深さに驚き、私も頑張らなくちゃと思いました。

そのおかげで、部活があっても必ず東進に行く覚悟ができました。

 

その他にもトップリーダーと学ぶワークショップや、学部説明会など、東進の無料のイベントにかなり参加しました

 

私は、受験勉強は自分のスイッチがいつ入るかが重要だと思います。

東進に入学しても勉強を続けることはとても大変です。

そのスイッチのきっかけは、志を明確に持つことだと思います。

東進には、そのための志イベントがたくさんあります。

「面倒だ、勉強時間に当てた方がいい」と思うかもしれませんが、私はこれらのイベントでスイッチが入りました。

大学に入った今でも、トップリーダーと学ぶワークショップで言われたことは選択や考える際の支えになっているほど

東進のイベントに積極的に参加してよかったと思っています。無料ですしね!

 

 

長くなりそうなので、2点にまとめました。

時間がないなりに勉強法も工夫していたのですが、気になる人は声をかけてください。

 

今日のブログで言いたいことは、

高校生活や東進のイベントは、高校のうちしかできない経験だから

後悔のないようにね。

人間やろうと思えば、結構覚悟決めてできるものだよ!

ということです。

 

 

 

明日のブログは

センター試験が終わった後にピアスを開けて岩永先生を驚かしたという小塩先生!

どんな受験生活を送っていたのでしょうか。お楽しみに!