シュウカツノハナシ | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 10月 20日 シュウカツノハナシ

 

こんにちは!

東進ハイスクール吉祥寺校社員の櫻井です!

平成も残り72日となった今日このごろ。皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

突然ですが、、、

「シュウカツ」って知ってますか?

そう、「就職活動」の略ですね。

「今そんな話するの?」とか、「受験に関係あるの?」とか、「まだ自分には関係ない」とかいう文句を垂れようとしたそこの君!

「今」からシュウカツを意識することがとても大事なのです!

 

就職活動とは!

今まで自分がどのような人生を歩んできたか、それを踏まえたうえで今の自分はどのような人間なのか、そのようなことが総合的に問われる

 

非常にシビアな活動です。。。

 

皆さんが今必死に頑張っている受験勉強には答えがあります。

しかし、シュウカツには答えはありません。何が正しいのか、何が求められるのか、正しい答えは誰にもわかりません。だから難しい。

実際、僕もシュウカツをしている時、何をすればいいのか全くわからなくて途方に暮れる、なんてこともよくありました。

 

受験でめちゃくちゃ苦労するのに、また4年後もしくは6年後にそれ以上に苦労するのは嫌ですよね??

なので、今からシュウカツのことを考えるべきなのです!

 

 

シュウカツで聞かれることは様々ですが、共通していることは一つ!

 

おなたは、学生生活で何を頑張ってきましたか?

 

これは必ず聞かれます。

今までどのような考えで学生生活を過ごしたのか、これから社会人としてどのように生きていくのか、これを聞くためにこの質問があります。

 

この質問を乗り切る方法は唯一つ!

学生生活をきちんと頑張ることです。

 

学生生活を頑張るといっても、様々な形があります。

勉強を頑張り、専門の分野で研究に励んだり

部活動に所属して、全国でも有名な選手になったり

アルバイトに打ち込み、より広い視野を持てるようになったり

このほかにもたくさんの「頑張り」があると思います。

 

企業はまさにこの「頑張り」見ています。

「この人が会社にとって有益な存在であるかどうか」「この人と一緒に頑張っていけそうか」

そいうことを判断する材料が、「頑張り」です。

 

では、質問です。

高校生の間、大学でどんなことをしたいかを何も考えていなかった人がいるとします。

その人は大学に入ってすぐに頑張り始められるでしょうか?

 

答えはNOです。そんなことできる人間はいません。

 

ではもう一つ質問です。

大学に入って2-3年後、シュウカツのために何とかいろいろな活動に手を出してみた。

そんな人がシュウカツで成功できるでしょうか?

 

答えはNOです。企業はそんな薄っぺらい「頑張り」はすぐ見抜いてしまいます。

 

つまり!

高校生の今からきちんと将来のことを考えておかなければ、「頑張る」こともできず、

結局シュウカツでとても苦労することになってしまうのです。

 

 

一度しかない人生、失敗したくなんてありませんよね。

 

シュウカツや、この先の人生で失敗しないためにも、

 

誰よりも将来のことについて考え、

誰よりも「頑張り」を増やし、

誰にも負けない「自分自身」を作り上げる

 

これを肝に銘じて過ごしていきましょう。

 

少しでもシュウカツのことが気になったら、ネットで色々調べてみて下さいね。

もちろん、櫻井に話しかけてくれれば色々お答えしますよ!

 

以上です。

最後まで見てくれてありがとうございました!