センター試験までにできること | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 12月 14日 センター試験までにできること

 

こんにちは!

 

担任助手1年の山﨑です。

 

最近寒くなってきましたね、、、

試験当日にむけて、防寒対策はできていますか??

 

 

センター試験本番までの日数が40日を切ったということで、今日は”センター試験までにできること”について話そうと思います!

 

 

高校3年生のみなさん、「もう今からじゃそこまで点数は伸びない」と思っていませんか??

 

 

しかし、むしろ今がチャンスです。

 

この時期は直前期ということもあり、いつも以上に緊張感を持って、一つ一つの勉強に集中することができますし、基礎が固まった状態でセンター試験の過去問演習に集中的に取り組むことで効率よく点数を伸ばすことができます。

 

実際、私も去年、12月のセンター模試後から、センター試験本番の約20日で合計点数を50点ほど伸ばしましたし、「この時期は伸びる」という気持ちで勉強に取り組めば可能性はまだまだあるとおもいます。

 

 

そこで、12月模試の結果を見ながら、心配な科目に関しては過去問を最低10年分、しっかり復習もしながらもう一度解き直しましょう!

 

10年分の過去問を解くことで得られるメリットを科目ごとにまとめると

国語・・・センター過去問が良質な問題集代わりにもなり実力がのびる

暗記科目・・・10年分解くことで知識の穴を埋められる

物理や数学・・・センターの独特な問題形式になれることができる

 

このようにセンター過去問をフル活用すれば最後のひと踏ん張りで飛躍的に点数を伸ばすことができる可能性があります!

 

残りの1ヶ月ちょっと、1点でもセンター試験の点数を伸ばすことができるよう最後までがんばりましょう!