センター過去問について | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2018年 8月 2日 センター過去問について

こんにちは!山﨑です!

生徒の皆さん、もう8月ですね、、

 

今日はセンター過去問に関する話をしたいと思います!

 

皆さんは、夏にセンター過去問を10年分することの意義は何だと思いますか?

 

私は、センター過去問を10年分することの意義は、

”基礎的な知識を確認することができること”

だと思います。

 

センター試験では、どの科目も、基礎的な知識を問う問題が多く出題されます。

そのセンター試験を10年分解けば、で基礎知識のおさらいができ、夏休み中に基礎固めに蹴りをつけられますよね!

 

しかし、この事を理解をしてはいてもしっかりそれを意識した活用の仕方を実行できている人は少ないと思います。

この時期にセンターを解くことは問題形式に慣れることが目的ではありませんから、一問一問自分の知識がしっかり固まっているかを意識しながら解かなくては意味がありません!

 

それから、過去問を解いた後に自分のできなかった部分のテキストや教科書を徹底的に復習し直すこと。

 

この2つをしっかり頭において、より効果的にセンター過去問を活用しましょう!

 

 

 

明日のブログは岩永さんです!