バタフライエフェクトって知ってますか | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 9月 12日 バタフライエフェクトって知ってますか

 

こんにちは、担任助手2年の山中です!
今回も前回と同じで、マインド系のことを書いていこうかなと思います
今日のキーワードは、「後悔」です

皆さん、現状受験生活に「後悔」はありますか?
無い、って人はほとんどいないんじゃ無いですかね
そしてまた、ほとんどの人の後悔は、「もっと早く始めとけばよかった…」に尽きるのでは無いでしょうか?

そんな後悔の絶えない皆様に伝えたいのが、「バタフライエフェクト」の話です
そもそもバタフライエフェクトって何だ?って人、多いと思うので説明しますね

バタフライエフェクトは、アメリカの科学者が提唱した説のことです
気象現象に当てはめて説明すると、「ブラジルの蝶の羽ばたきが、テキサスでは竜巻を起こすかもしれない」、とのことです
…わかりづらいですよね笑
ここで注目して欲しいのが、「蝶の羽ばたき」という事象それ自体はとても小さい、ということです
蝶が羽ばたいたことにより、さまざまな微々たる現象が積み重なり、最終的にはテキサスで竜巻を起こすかもしれない、要するに、「始まりの現象自体はとても小さくても、それがまわりまわって大きな結果を導く」という説のことです
日本昔話のわらしべ長者など、まさにこのバタフライエフェクト論に基づいた話だと思います

僕この考え方、すごい好きなんですよね
なんせいつでも自分を肯定することができますから

どういうことか、受験生活に当てはめますね
今過去を悔やんでる受験生の皆さんは、過去の自分を憎むくらい今勉強に対してストイックだからこそ、過去の自分を憎んでるんですよね

これ、バタフライエフェクト成り立ってませんか?
大体の皆さんが悔やんでる過去って、「少しスマホ見ちゃった…」だったりとか、「もう少し昼寝少なくしとけばな…」とか、いわゆるちょっとした気の緩み、が多い気がします
そのちょっとした緩みというものがあるからこそ、「その遅れを取り戻さないといけない!」と今躍起になって勉強してるのでしょう
結果オーライじゃないですか?小さな緩みからそこまで危機感を見出せているのなら、大勝利だと思いますよ僕は

これ読んで少しでも「強引だな…」と感じた皆さん
そうやって否定するのをやめて、オープンマインドな精神で勉強取り組めたら、時間の効率化が図れると思います

バタフライエフェクト論は僕が激しく推しているだけなので、賛否分かれるでしょう
ですが、自分を認められずもがき苦しむ全受験生にとっては、プラスになる考え方じゃないでしょうか?

時間はあまりありません、「気の緩み」という小さなことを発起の材料として、「第一志望校合格」という大きな竜巻を起こしちゃいましょう、応援してます!

担任助手2年 山中