一年間を振り返って | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 3月 14日 一年間を振り返って

みなさんこんにちは!!今日はホワイトデーですね笑 男性の皆さん、お返しは準備しましたか?笑

さて本日はかなり大切な話をします。テーマにも書きましたが、私が一年間生徒を見てきて感じたこと等を色々伝えようと思います。

私が1年間指導してきた生徒が受験において良かったこと、後悔していることを話してくれたのでそれを伝えます。

良かったこと

・毎日塾に来た

・1つの単語帳を完璧にした

・得意科目を作れた

主にこの3つです。自分の担当生に限らないことですが、やはり毎日塾に来て勉強していた生徒は合格している確率がとても高いです。生徒の時は「関係あるのかよ」と思っていましたが、担任助手として受験と関わり改めて大切さが分かりました。新高3のみなさんはこれから毎日来るのを心がけてみて下さい。

2点目については、早稲田大学に合格した担当生が言い残してくれたことです。その生徒は難しい単語帳に取り組んでいたものの成績が伸び悩び、対策として昔使っていたターゲットに戻り隅々まで完璧に覚え直しました。結果として成績が伸び、早稲田大学に合格しました。この生徒は「基礎の大切さ」を体現していると思います。みなさん、基礎を徹底せずに逃げていませんか?何事も土台が大切です。自分は本当に基礎が出来ているのか、今一度確認してみて下さい。

3点目については、私立受験者向けの話です。3科目しかない人は、苦手科目が1つあるだけでも厳しいですし、やはり得意科目の存在は必須です。苦手科目を少しでも克服するのはもちろんのこと、自分の武器を見つけ、強化していく必要もあります。

後悔していること

・基礎と向き合わなかった

・苦手科目から逃げた

・過去問をやりきらなかった

以上3つです。基礎から逃げた結果、最も過去問を解きたい時期に点数が伸びず、その時に基礎へ逆戻りしなければならないという事態に陥ります。さらに苦手科目から逃げれば、当然ですが3科目受験では合格が厳しくなります。そして過去問を十分に解かないまま入試を迎えれば、もう結果は分かりますよね?

これらは現3年生が私に残してくれた言葉です。絶対に心に刻んで下さい。

最後に。受験は「本当に」厳しいです。そう簡単に受かるものではありません。死ぬ気で努力する必要があります。今の生活はどうですか?コロナのせいで部活や予定がなくなる仲、しっかり勉強出来ていますか?受験の天王山と言われる夏休みがもしかしたら短くなるなんてこともあり得ます。これからの時間を本当に大切にして下さい。