今年受かる自信はありますか? | 東進ハイスクール吉祥寺校|東京都

ブログ

2020年 4月 22日 今年受かる自信はありますか?

こんにちは。担任助手2年の橋本です。

 

みなさんこの時期をいかがお過ごしですか?

生活習慣は乱れていませんか?

この時期に確保するべき勉強量は確保出来ていますか?

 

私の通っている大学ではオンライン授業がそろそろ開始します。

しかしそれでも通常よりも1ヶ月ほど遅れた状態です。夏休みも2週間のみとなりました。

 

みなさんの学校でもおそらく始まるのは1ヶ月遅れほどにはなるのだと思います。

夏休みも短くなるのではないでしょうか。

 

生徒のみなさんはよく言われているとは思いますが、再度言わせてもらいます。

みなさんは今の時期に、みなさんの1つ上の生徒方が去年の夏にしていた勉強と、同等またはそれ以上の勉強をしなければいけない。

 

理由は言わずもがな分かると思います。

ただでさえ大学受験は近年難化傾向にあります。

そこに加えて勉強時間の減少などがあればそれは、結果として志望校合格のできる生徒の減少のみです。

 

みなさんに知っていただいてもらいたいのは、この合格を逃すのは今成績がライバルよりも負けている生徒ではないことです。

 

例年ならば効率よく勉強できる生徒が志望校合格を多く勝ち取っていたでしょう。

しかし今年は違います。

今年受かる生徒はライバルがまだ4月だからと気を張り切れていない時期に、1日の15時間を受験勉強にあてられる生徒です。

 

例年夏になれば大学受験をするほとんどの生徒が15時間という壁を越えます。

受験勉強の中で最も成績が伸びるのはこの時期からです。

この時期は過去問も始まっていて1日の勉強をどう効率よく活用していくかというので差がつきます。

 

しかしみなさんにはこの最も時間の多いという夏休みがありません。

おそらく春休みと同じぐらいか少ないぐらいでしょう。

 

受かる生徒はこの残り少ない春休みから活用しています。

 

 

さて、みなさんに再度問いましょう。

みなさんは今この時期にするべき勉強量を確保できていますか。

 

今年受験する生徒の方々は特にです。

今のみなさんに最も重要なことは、いつ始めるかです。